ニュース
» 2017年10月05日 08時00分 公開

ドラえもんと現代アートの競演 「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」が六本木で開催、5組の完成作品公開

ドラえもんが溺死している!? と思いきや……。

[ねとらぼ]

 『ドラえもん』と現代アートの競演をテーマとする企画展「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」が、2017年11月1日から2018年1月8日まで六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーで開催されます。展示予定作品から新たに5組の完成作品が公開されました。

ドラえもん 現代アート 展覧会 THE ドラえもん展 TOKYO 2017 近藤智美さん「ときどきりくつにあわないことするのが人間なのよ」(C)Satomi Kondo (C)Fujiko-Pro

 企画展では、会田誠さんやしりあがり寿さん、奈良美智さん、村上隆さん、蜷川実花さんら28組の現代アーティストがドラえもんを題材とした作品を制作。今回公開されたのは、子どものころからドラえもんを見て育ったいわゆる“ドラえもん世代”のアーティストです。

 画家・近藤智美さんの作品は「ときどきりくつにあわないことするのが人間なのよ」。「映画ドラえもん のび太と鉄人兵団」(1986年)に登場する鏡面世界を絵画で表現、上部(2045年)と下部(原作がスタートした1985年)でテーマが対になっています。画家・篠原愛さんの作品「To the Bright 〜のび太の魔界大冒険〜」は「映画ドラえもん のび太の魔界大冒険」(1984年)でドラえもんたちがツノクジラに食べられそうになったシーンを古典的な油彩の技法を用いて描き出しました。

ドラえもん 現代アート 展覧会 THE ドラえもん展 TOKYO 2017 篠原愛さん「To the Bright 〜のび太の魔界大冒険〜」 (C)Ai Shinohara (C)Fujiko-Pro

 他、ペーパーアーティスト・伊藤航さんが制作した紙のひみつ道具を水墨画家・山口英紀さんが綿密模写した「ドラえもん ひみつ道具図典 〜タケコプター〜」。画家・山本竜基さんの「山本空間に突入するドラえもんたち」は作者の自画像が増殖した異次元空間にタイムマシンが迷い込む様子、漆造形作家・渡邊希さん「タイムトラベル」は乾漆の黒光る鏡面にドラえもんの名場面を描いた作品となっています。

ドラえもん 現代アート 展覧会 THE ドラえもん展 TOKYO 2017ドラえもん 現代アート 展覧会 THE ドラえもん展 TOKYO 2017 伊藤航さんと山口英紀さん共作「ドラえもん ひみつ道具図典 〜タケコプター〜」(C)Hidenori Yamaguchi (C)Wataru Ito (C)Fujiko-Pro

ドラえもん 現代アート 展覧会 THE ドラえもん展 TOKYO 2017 山本竜基さんの「山本空間に突入するドラえもんたち」(C)YAMAMOTO Ryuki (C)Fujiko-Pro Courtesy of Mizuma Art Gallery

ドラえもん 現代アート 展覧会 THE ドラえもん展 TOKYO 2017 渡邊希さん「タイムトラベル」(C)Nozomi Watanabe (C)Fujiko-Pro

 企画展の監修を務める美術史家・山下裕二さんは、6人について「トップランナーたちの作品はもちろん素晴らしいだろうが、それに負けない作品をつくってくれたと確信している」とコメント。開館時間は10時〜20時(火曜は17時まで、入館は30分前まで)、前売り券は2400円、当日券は2680円です。

監修者・山下裕二さん(美術史家・明治学院大学教授)コメント

 この展覧会には、28 組の作家が参加する。私はその選定に携わった。約半数は、村上隆をはじめとする、だれもが納得する、現時点での現代美術のトップランナーたちである。残りの約半数はこれから大いなる可能性がある若き作家たち。彼らが懸命に「あなたのドラえもんをつくってください」という依頼に応えて、素晴らしい作品をつくってくれた。私はむしろ彼らの作品こそ観てほしいのである。

 ここ15年ほど、『美術の窓』という雑誌で、「山下裕二の今月の隠し球」という連載を続けてきた。ほとんど知られていない、しかし私が瞠目した作品をつくっている作家を世に出そうとして続けてきた連載である。

 その「隠し球」の中から、この展覧会には、近藤智美、篠原愛、中里勇太、山口英紀、山本竜基、渡邊希の6人に参加してもらった。彼らはいずれも「ドラえもん世代」。トップランナーたちの作品はもちろん素晴らしいだろうが、それに負けない作品をつくってくれたと確信している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」