ニュース
» 2017年10月05日 14時59分 公開

なぜそこに目を付けた? 黒猫モチーフの「はらまきパンツ」が見ちゃいけない感MAX

かわいいアイテムのはずなのに。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 まるで白いパンツをはいているようにお腹の下にだけ三角形の白い毛が生えている「白パンツ黒猫」。そんな黒猫さんになりきれる「なりきりにゃんこ もふもふ黒猫はらまきパンツ」が、フェリシモ猫部から登場しました。


もふもふ黒猫はらまきパンツ なりきりにゃんこ もふもふ黒猫はらまきパンツ(以下、画像はフェリシモのサイトから

もふもふ黒猫はらまきパンツ 白いパンツをはいたような「白パンツ黒猫」さん

 黒いニット素材のパンツはお腹まですっぽりと覆うハイウエスト。白パンツ黒猫と同じように三角の白いモフモフが付いています。

 フレアスカートやワイドボトムスのインにおすすめとのことですが、万が一モフモフが他人に見えてしまった場合、なんだか気まずい気持ちになりそうです。


もふもふ黒猫はらまきパンツ ハイウエストのパンツです

もふもふ黒猫はらまきパンツ 立派なモフモフがついています

もふもふ黒猫はらまきパンツ 白パンツ黒猫さんに見えるはず

 M〜L相当の「1」とLL〜3L相当の「2」の2サイズ展開で価格は1350円(税別)。うち40円は「フェリシモの猫基金」として運用されます。

 フェリシモ猫部は6月に「白パンツをはいているような黒猫さん」の写真を送って欲しいとツイート。たくさんの黒猫さんの写真が集まっていました。



 そんな黒猫さんたちとおそろいになれる「はらまきパンツ」誕生のツイートには、「このためだったのか」「買わねば」という声が寄せられています。

 中には「履くのに勇気がいる」「何か別のモノに見えてしまう」という意見も。見てはいけないモノに見えてしまった人は顔を洗って出直しましょう。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」