ニュース
» 2017年10月05日 18時25分 公開

川崎市のボードゲーム制作企画が無報酬・交通費自己負担で批判 市は「あくまでワークショップの延長」

川崎市に意図を取材しました。

[イッコウ,ねとらぼ]

 景観をテーマにしたオリジナルボードゲームを制作するという川崎市のワークショップ企画に、一部から「ボードゲーム制作を安くみている」といった批判が起こっています。川崎市に意図を取材しました。


ボードゲーム 川崎 批判 炎上 オリジナルボードゲームを自治体が制作

 この企画はボードゲーム、景観、まちづくり、教育などに関心がある18歳以上の人を対象とし、定員は10人程度を想定し参加者を募集したもの。ボードゲームの完成に向けて10月29日から2018年2月25日までの期間に5回ワークショップを行い、完成したゲームは子どもが集まるような地域の施設に配布し、一般販売は行わない方針としています。

 一般の人からの協力を得てボードゲームの完成を目指す内容ですが、参加者への報酬や交通費支給はなかったため、ゲームデザイナーなど一部から「ボードゲーム制作って、ずいぶん安く見られているんだな」「数日後に謝罪とともに削除されそう」「報酬なし交通費自己負担って人集める気あるの?」といった川崎市への批判が相次ぎました。一方、あくまでもプロのクリエイターを募集しているわけではないことや、一般販売は行わない意向とされていることから、「プロに無償奉仕を求める案件じゃないんだから」「プロレベルのものを無償で作らされるなんてどこにも書いてない」「無駄にたたかれすぎ」といった川崎市側に理解を示す声も。



ボードゲーム 川崎 批判 炎上 一般販売は行わない方針(川崎市のサイトより

 川崎市に取材したところ、この企画は景観に興味を持ってもらうためにボードゲームの素案作成を立案したもの。必ずしもプロの協力が欲しいといったものではなく、あくまでボードゲームの素案完成に向けてワークショップを行うという趣旨となっており、無報酬・交通費自己負担についても見直さない方針とのこと。また、批判の一方で賛同者も多く、定員10人に対し4日時点で20人以上の応募(募集は10月2日から13日まで)があり、企画自体は非常に好評のようです。

 市の担当者によると「今回のものはあくまで通常行うワークショップの延長にあるもの」と位置付けられているようです。また「批判意見があがっていることも把握しているが、計画の見直しは今のところない」とも語っています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」