ニュース
» 2017年10月05日 21時41分 公開

美しい 北海道・知床にふさふさしっぽの黒いキツネが現れる

温泉が好きなフレンズかな。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 知床博物館(北海道斜里郡)が、斜里町内の自動カメラに映った黒いキツネ(キタキツネ)の映像を公開しています。

黒いキツネ 北海道・斜里町内のカメラに映った黒いキツネ

 草むらの前でたたずんでいるのは黒いキツネ。はじめは画面左の方を見ていましたが、くるりと身をひるがえして反対側に去っていきます。

黒いキツネ 画面左の方を見ていますが
黒いキツネ 身をひるがえして反対側に去っていきます

 同館のFacebookページによると、体色は黒でも黄色系のキツネと同じ種。道内で毛皮用に養殖されていた黒色個体が野生化して混ざり合ったか、自然に生じた変異と考えられるとのこと。同館の方も全身真っ黒の個体を見たのは初めてで、最初はイヌかと思ったそうです。

 斜里町は冬には流氷もやってくる寒さの厳しい土地。黒いキツネさんも黄色いキツネさんも元気に暮らしていってほしいです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/28/news108.jpg MAX74.8キロの霜降りせいや、半年の過酷トレーニングで約9キロ減 別人ばりの痩せ姿に「惚れました」
  2. /nl/articles/2109/27/news084.jpg 星野さんどこ……? 「どん兵衛」、鬼気迫るどんぎつねさんが“眼鏡”を放り捨てる意味深CMがもう「リアルごちゃ混ぜ」
  3. /nl/articles/2109/26/news053.jpg 娘がダイソーで買ったニワトリ風船がなんかおかしい…… ナナメ上のビジュアルに「吹いた」「おなか痛いw」
  4. /nl/articles/1904/02/news128.jpg もはや別人じゃん! ガリガリガリクソン、47キロ減で劇的ビフォーアフター「俺は平成の終わりにデブを捨てた」
  5. /nl/articles/2109/28/news069.jpg 「母さんごめん。26歳になってもまだ使ってる」 家庭科で作った“ドラゴンナップザック”を社会人になっても使い続ける猛者が強い
  6. /nl/articles/2109/28/news028.jpg 美術館への侵入を試みる黒猫と、警備員の攻防戦 4年続く仲良しなやりとりに「どちらもうれしそう」「ほっこり」の声
  7. /nl/articles/2109/27/news068.jpg 母から借りたキャリーバッグの中から見つかった不気味なものとは…… 謎が謎を呼ぶ思い出を描いた漫画がゾッとする
  8. /nl/articles/2109/29/news001.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「笏」
  9. /nl/articles/2109/27/news043.jpg シンクでじっとお水を待つ猫、しかし…… 出てこない水に悲し気な姿に「悲壮感ハンパない」「けなげでかわいい」の声
  10. /nl/articles/2109/27/news061.jpg 子どもが怖い人とぶつかってしまった、と思ったら? 頑張るママを癒やしてくれる顔面ヤクザなお兄さんの漫画が優しい世界

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」