コラム
» 2017年10月06日 11時00分 公開

「2ちゃんねるに書き込んだことがある人」は何割? 「5ちゃん」になって影響力は変わるのか

今も昔もネット文化の発信地。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 管理運営権の譲渡に伴い、「5ちゃんねる」に改名されたことで話題を集めた「2ちゃんねる」(関連記事)。以前から「SNSなどの登場により、利用者数が減っている」というような指摘が現れていますが、実際のところ、どうなのでしょうか。アンケート調査をしてみました。


「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)の利用実態アンケート 「5ちゃんねる」に改名された現在のトップ画面

 調査に使用したのはねとらぼのTwitterアカウントで、2日間で4741票が集まりました。結果は、「書き込みをしたことがある」が31%、「見たことはある(ROM)」が40%と全体の約7割を占めました。さらに「まとめサイトなら見たことがある」(23%)を含めると、94%に到達。Twitterユーザーを対象としたアンケートのため、回答に偏りがある可能性も考えられますが、ほとんどの人が何かしらの形で、2ちゃんねるに接しているということが分かります。

 2ちゃんねるは、長年にわたってネット文化に影響を与えてきたWebサイト。「八頭身モナー」「ギコ猫」などのアスキーアートを使用したFLASH動画が大流行したのは10年以上前のことですが、最近でも、実況版「なんJ」(なんでも実況ジュピター)で使われていた語尾「〜ンゴ」が、「女子大生の間ではやっている言葉」として紹介された事例が(関連記事)。このようなエピソードからも、2ちゃんねるの存在感の大きさが伺えるのでは?


「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)の利用実態アンケート 「フラッシュ モナー」Google検索画面。2、30代の方には懐かしいのでは?

 アンケートに寄せられた意見で印象的だったのは、2ちゃんねるに対する考え方の違い。「どっぷり浸かってました」「マイナーな趣味を持つ私には必要なもの」というコアな2ちゃんねるユーザーもいれば、「見たことしかない」「以前は書き込みしていたけど、今はまとめサイトを読んだり、検索で出てきたスレを読んだりするだけ」という人もおり、温度感に大きな開きが見られました。

 「どんな形であれ、2ちゃんねるの文化には触れる。しかし、同サイトとどのように関わっていくかは人それぞれ」というのが、日本のネットユーザーの一般的な姿なのかもしれません。


「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)の利用実態アンケート アンケート結果

マッハ・キショ松

関連キーワード

2ちゃんねる | アンケート | 文化 | モナー | 調査


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」