コラム
» 2017年10月06日 11時00分 公開

「2ちゃんねるに書き込んだことがある人」は何割? 「5ちゃん」になって影響力は変わるのか

今も昔もネット文化の発信地。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 管理運営権の譲渡に伴い、「5ちゃんねる」に改名されたことで話題を集めた「2ちゃんねる」(関連記事)。以前から「SNSなどの登場により、利用者数が減っている」というような指摘が現れていますが、実際のところ、どうなのでしょうか。アンケート調査をしてみました。


「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)の利用実態アンケート 「5ちゃんねる」に改名された現在のトップ画面

 調査に使用したのはねとらぼのTwitterアカウントで、2日間で4741票が集まりました。結果は、「書き込みをしたことがある」が31%、「見たことはある(ROM)」が40%と全体の約7割を占めました。さらに「まとめサイトなら見たことがある」(23%)を含めると、94%に到達。Twitterユーザーを対象としたアンケートのため、回答に偏りがある可能性も考えられますが、ほとんどの人が何かしらの形で、2ちゃんねるに接しているということが分かります。

 2ちゃんねるは、長年にわたってネット文化に影響を与えてきたWebサイト。「八頭身モナー」「ギコ猫」などのアスキーアートを使用したFLASH動画が大流行したのは10年以上前のことですが、最近でも、実況版「なんJ」(なんでも実況ジュピター)で使われていた語尾「〜ンゴ」が、「女子大生の間ではやっている言葉」として紹介された事例が(関連記事)。このようなエピソードからも、2ちゃんねるの存在感の大きさが伺えるのでは?


「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)の利用実態アンケート 「フラッシュ モナー」Google検索画面。2、30代の方には懐かしいのでは?

 アンケートに寄せられた意見で印象的だったのは、2ちゃんねるに対する考え方の違い。「どっぷり浸かってました」「マイナーな趣味を持つ私には必要なもの」というコアな2ちゃんねるユーザーもいれば、「見たことしかない」「以前は書き込みしていたけど、今はまとめサイトを読んだり、検索で出てきたスレを読んだりするだけ」という人もおり、温度感に大きな開きが見られました。

 「どんな形であれ、2ちゃんねるの文化には触れる。しかし、同サイトとどのように関わっていくかは人それぞれ」というのが、日本のネットユーザーの一般的な姿なのかもしれません。


「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)の利用実態アンケート アンケート結果

マッハ・キショ松

関連キーワード

2ちゃんねる | アンケート | 文化 | モナー | 調査


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響