ニュース
» 2017年10月13日 13時50分 公開

アサツーディ・ケイ買収でどうなるプリキュア 「アニメコンテンツは変更なく継続」 

ほっと一安心。

[Kikka,ねとらぼ]

 大手広告代理店、アサツーディ・ケイ(ADK)がアメリカの投資ファンド、ベインキャピタルに買収されることを受け、アニメファンから「プリキュア大丈夫か」「ドラえもんどうなるか」など心配の声が上がっています。本件について編集部が取材したところ、ADKは「アニメコンテンツは変更無く継続する予定」だと回答しました。


ADK アサツーディ・ケイ 買収 ベインキャピタル ADKが携わってきた番組

 ADKは1963年放送の「エイトマン」を皮切りに、「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」「ワンピース」「キラキラ☆プリキュアアラモード」など数多くのアニメ作品にや実写作品に携わる企業。広告枠を買い切るだけでなく、番組の企画、制作やキャラクターの商品化などにも力を入れるなど、アニメファンからも一目置かれています。


ADK アサツーディ・ケイ 買収 ベインキャピタル ADKのコンテンツ

 そんなADKに関する衝撃的なニュースが飛び込んできたのは、10月2日のこと。ベインキャピタルがアサツーディ・ケイの買収に踏み切るというもので、時事通信社などが最大で約1517億円の買収となると報じていました。

 この知らせにアニメファンからは、ADKの強みの一つであるアニメビジネスコンテツについて、どうなってしまうのかとの声があがっています。

 編集部がADKに問い合わせたところ、「当社のアニメコンテンツビジネスは、変更なく継続する予定です」と回答。担当者によるとそもそも買収自体が後ろ向きなものではなく、アニメコンテンツビジネスには何ら影響がないとのことでした。

画像:ADK公式サイトより

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」