ニュース
» 2017年10月13日 13時50分 公開

アサツーディ・ケイ買収でどうなるプリキュア 「アニメコンテンツは変更なく継続」 

ほっと一安心。

[Kikka,ねとらぼ]

 大手広告代理店、アサツーディ・ケイ(ADK)がアメリカの投資ファンド、ベインキャピタルに買収されることを受け、アニメファンから「プリキュア大丈夫か」「ドラえもんどうなるか」など心配の声が上がっています。本件について編集部が取材したところ、ADKは「アニメコンテンツは変更無く継続する予定」だと回答しました。


ADK アサツーディ・ケイ 買収 ベインキャピタル ADKが携わってきた番組

 ADKは1963年放送の「エイトマン」を皮切りに、「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」「ワンピース」「キラキラ☆プリキュアアラモード」など数多くのアニメ作品にや実写作品に携わる企業。広告枠を買い切るだけでなく、番組の企画、制作やキャラクターの商品化などにも力を入れるなど、アニメファンからも一目置かれています。


ADK アサツーディ・ケイ 買収 ベインキャピタル ADKのコンテンツ

 そんなADKに関する衝撃的なニュースが飛び込んできたのは、10月2日のこと。ベインキャピタルがアサツーディ・ケイの買収に踏み切るというもので、時事通信社などが最大で約1517億円の買収となると報じていました。

 この知らせにアニメファンからは、ADKの強みの一つであるアニメビジネスコンテツについて、どうなってしまうのかとの声があがっています。

 編集部がADKに問い合わせたところ、「当社のアニメコンテンツビジネスは、変更なく継続する予定です」と回答。担当者によるとそもそも買収自体が後ろ向きなものではなく、アニメコンテンツビジネスには何ら影響がないとのことでした。

画像:ADK公式サイトより

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む