ニュース
» 2017年10月13日 23時15分 公開

アニメ「ドラえもん」にトラウマひみつ道具“バイバイン”登場 原作マンガが期間限定無料配信中

栗まんじゅうこわい。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 アニメ「ドラえもん」にあの最恐ひみつ道具“バイバイン”が再び登場しました。栗まんじゅうで宇宙がやばい……!

アニメ「ドラえもん」に伝説のトラウマひみつ道具“バイバイン”登場 Twitterが栗まんじゅうの話題で埋め尽くされる あのエピソードが再びアニメ化(画像はYouTubeより

 「栗まんじゅうを食べてもなくならないようにできないかなあ……」というのび太の願いをかなえるため、ドラえもんが渋々取り出したひみつ道具。液状のくすりを1滴かけることで、栗まんじゅうが5分ごとに倍に。5分で2個、10分で4個、15分で8個、20分で……たくさんになるんだな! と、のび太はこの辺りで思考を停止。ドラえもんは全部食べきることを条件に使用を許可しますが、うっかり食べきれないほど増やしてしまったのび太は代わりに食べてくれる人を探しに右往左往。のび太のママやジャイアンたちに協力を仰ぎますが、どうしてもあと少しのところで残ってしまいます。

 のび太はついに臭いものにフタ理論で、屋外のゴミ箱に放置。しかし指数関数的に増え続けるまんじゅうは、1時間で4096個、2時間で1670万7216個、それからわずか15分で1億個を突破するという説明を受け、ドラえもん協力の元、最後はロケットにくくりつけて宇宙のかなたに飛ばしてしまうのでした。

 放置したら地球がやばいのはもちろん、宇宙に飛ばしたところで根本的な解決にはなっておらず、飛ばした先でどうなってしまうのか……なんともいえない不安が残るエピソードで、子ども心に「宇宙はどうなってしまうんだろう」と夜眠れなくなってしまった人も多いのでは。

アニメ「ドラえもん」に伝説のトラウマひみつ道具“バイバイン”登場 Twitterが栗まんじゅうの話題で埋め尽くされる Twitterトレンドにも「バイバイン」が

 Twitterでは「今でも栗まんじゅうを見るとバイバインの話を思い出す」「初めて見たとき小2くらいだったけど、軽くトラウマだった」などなど、印象深いエピソードだったと振り返る声が多数。実はテレビアニメ化されるのは今回が3回目で、初回は1979年の大山のぶ代版。水田わさび版としては2008年以来2回目のアニメ化でした。


 2008年版のオチでは、栗まんじゅうが庭先に1個だけ残ってしまうホラー風味なもので、そちらの印象が強い人からは「オチが変わった?」といった反応も多かったようです。


 再アニメ化を記念し、ドラえもんのポータルサイト「ドラえもんチャンネル」では16日までの期間限定で原作のバイバイン回を無料配信中。何十年も語り継がれてきた傑作エピソードですが、原作はたったの7ページ。驚きの密度とテンポ感です。

関連キーワード

アニメ | ドラえもん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声