ニュース
» 2017年10月14日 13時00分 公開

3週間ぶりに再会したサルの親子 ギュっと抱き合う姿にジーン

子ザルちゃんはけがを治療するためママと離れていました。

[かのん,ねとらぼ]

 ケガの治療で離れていたサルの親子が再会する様子を、南アフリカにあるサルの保護施設「Umsizi Vervet Rescue Center」の関係者が公開しています。

 施設の庭でケージから出てきた1匹の子ザル。すぐそばの建物の屋根の上にお母さんサルを見つけ、屋根に一生懸命登ろうとしています。そんな子ザルを見つけたお母さんサル、すぐに駆け寄ってなかなか登れない子ザルを救い上げます。子ザルをぎゅ〜っと抱きしめるお母さんサル。

猿 子ザルに気づいたお母さんサル
猿 おかえり!

 子ザルは足をケガし、治療のため3週間ほど親と離れて保護施設の職員のもとで過ごしていました。久しぶりの再会を喜ぶ親子。子ザルを抱きしめるお母さんサルの愛情の深さが伝わってきます。他の仲間もやってきて、子ザルが帰ってきたことを歓迎しているようです。

猿 おかあさんだいすき!

 ずっとぎゅうぎゅうと抱き合うサルの親子。移動もお母さんのお腹に抱きついて運んでもらっています。

 治療中、職員さんの手厚いケアを受けて過ごしていた子ザルですが、やはりお母さんと過ごすことにはかなわないよう。離れていた分、お母さんにいっぱいいっぱい甘えてね!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声