ニュース
» 2017年10月15日 17時00分 公開

ふぃぎゅらぼ:ロシア宇宙船「ソユーズ」がプラモデル化、1/150スケールとは思えない精度&ギミックを実現

ロケットを運ぶ専用の列車もついてくる。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 「ISS(国際宇宙ステーション)」に宇宙飛行士を送り届けているロシアの宇宙船「ソユーズ」を、1/150スケールで立体化したプラモデルが発売されます。


ソユーズ プラモデル 宇宙船「ソユーズ」を1/150スケールで再現


ソユーズ プラモデル 多段ブースターも各ロケットが独立しています

 キットにはソユーズ、ロケット、搬送列車が含まれており、全長は約32センチ。素材はPS(ポリスチレン)を使用しています。パーツは全8色で成形され、塗装など施さずに組み上げても、ロケットの各プロセスを追える十分な仕上がりになるそうです。

 宇宙船本体となるソユーズはロケットとつながった発射時の形態から、宇宙空間で展開した形態の両方が用意されており、それもまた軌道船・帰還船・機械船の3つがしっかりと作り込まれています。


ソユーズ プラモデル 発射態勢に移行したソユーズロケット


ソユーズ プラモデル ソユーズを構成する宇宙船から多段ブースターを並べるとこんな感じ


ソユーズ プラモデル 宇宙空間で展開された宇宙船「ソユーズ」

 ロケットを運ぶ専用の列車はロケットを寝かせた状態だけでなく、立たせた状態でのディスプレイも楽しめるように設計されています。さらに車輪幅を約9ミリで設計しているため、鉄道模型としても楽しめるそうです。開発担当者の通なこだわりが感じられますね。

 発射場への搬送から打ち上げ態勢への移行、そして発射された後に多段ブースターが分離され、最後に宇宙船が展開される。そんな「ソユーズ」の活動の全てがギュッと詰まったようなプラモデル「1/150 ソユーズロケット+搬送列車」は2018年3月に発売される予定。価格は5800円(税込)となっています。

春山優花里@haruYasy.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた