ニュース
» 2017年10月15日 17時00分 公開

ふぃぎゅらぼ:ロシア宇宙船「ソユーズ」がプラモデル化、1/150スケールとは思えない精度&ギミックを実現

ロケットを運ぶ専用の列車もついてくる。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 「ISS(国際宇宙ステーション)」に宇宙飛行士を送り届けているロシアの宇宙船「ソユーズ」を、1/150スケールで立体化したプラモデルが発売されます。


ソユーズ プラモデル 宇宙船「ソユーズ」を1/150スケールで再現


ソユーズ プラモデル 多段ブースターも各ロケットが独立しています

 キットにはソユーズ、ロケット、搬送列車が含まれており、全長は約32センチ。素材はPS(ポリスチレン)を使用しています。パーツは全8色で成形され、塗装など施さずに組み上げても、ロケットの各プロセスを追える十分な仕上がりになるそうです。

 宇宙船本体となるソユーズはロケットとつながった発射時の形態から、宇宙空間で展開した形態の両方が用意されており、それもまた軌道船・帰還船・機械船の3つがしっかりと作り込まれています。


ソユーズ プラモデル 発射態勢に移行したソユーズロケット


ソユーズ プラモデル ソユーズを構成する宇宙船から多段ブースターを並べるとこんな感じ


ソユーズ プラモデル 宇宙空間で展開された宇宙船「ソユーズ」

 ロケットを運ぶ専用の列車はロケットを寝かせた状態だけでなく、立たせた状態でのディスプレイも楽しめるように設計されています。さらに車輪幅を約9ミリで設計しているため、鉄道模型としても楽しめるそうです。開発担当者の通なこだわりが感じられますね。

 発射場への搬送から打ち上げ態勢への移行、そして発射された後に多段ブースターが分離され、最後に宇宙船が展開される。そんな「ソユーズ」の活動の全てがギュッと詰まったようなプラモデル「1/150 ソユーズロケット+搬送列車」は2018年3月に発売される予定。価格は5800円(税込)となっています。

春山優花里@haruYasy.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン