ニュース
» 2017年10月15日 10時30分 公開

ふんどし姿でゴミ拾いやファッションショー! 謎の集団「株式会社ふんどし部」の活動に密着

株式会社ふんどし部のゴミ拾い活動に参加させてもらいました。

[伊佐治龍/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 渋谷を歩いていると、ふんどし姿の集団に遭遇した。お祭りでもあるのか? しかし、街には提灯(ちょうちん)も飾られてなければ神輿(みこし)もなく、祭りの文字も雰囲気も一切ない。


ふんどし 渋谷・センター街に突如現れたふんどし姿の男たち

 かなり目立っていて気になる存在だったので声をかけてみると、彼らの正体は「株式会社ふんどし部」という企業の活動で集まったメンバーだった。しかも、これからふんどし姿のままセンター街へゴミ拾い活動に出掛けるところだという。活動そのものはいいとしてなぜその姿で?

 東大院生の2人によって2016年に設立されたという株式会社ふんどし部。ふんどしの製作とオンライン販売事業から始まり、今ではそれに加えて、ふんどしを軸に新しい価値感を生み出すイノベーティブで異色な活動を積極的に行っている。例えば、社員自らが「ふんどしマン」と名乗り、ふんどし一丁でダンスイベントや講演、ラジオ等に出演。また企業のプロモーションやブランディング協力、さらには筋力トレーニングのトレーナーやバク転指導など、活動は多岐に渡る。

 このゴミ拾い活動も、その一環だそうだ。しかも、今回はヤンキーの社会復帰を目的としたインターン事業を行う会社「ハッシャダイ」とコラボし、インターン生に社会貢献の大切さを感じてもらうことや、ふんどしを通して既成概念にとらわれず、本当の自分らしさを追求する力を育んでほしいという思いが込められているという。

 既にふんどしを締め終えている十数人のインターン生の中に筆者も加わると、にこやかにスタッフが近づいてきて「この中から、選んで履いてください」と、ふんどしを差し出してきた。用意されたふんどしを見ると、柄も色も豊富でおしゃれである。


ふんどし ふんどし部が製作、販売しているふんどし一覧

 「履かないと分からないじゃないですか」とスタッフに推されるものの、センター街でふんどし一丁は、さすがに恥ずかしい……。しかし、待機しているインターン生の視線が突き刺さる。ここで断ったら社会人の先輩として、いや男として、それ以上に記者としてどうだろうか? いろんな葛藤を経てふんどしで同行することにした。ふんどしを締めるのは初めてのことなので、履き方をレクチャーしてもらい装着する。実際に履いてみると、これがかなり気持ちがいい。通気性がよく、締めつけがないため、身につけている感覚が薄い。トランクスやボクサーブリーフなど、これまで履いてきた下着の締めつけが、いかに強かったのかが分かり驚きである。

 それから、皆でセンター街まで移動してゴミ拾いが開始される。やはり行き交う人の目が気になる。この集団を見て、笑う人や驚く人、しかめ面の人、好意的に話しかけてくる人、それぞれの一瞬の反応に敏感になってしまう。特に女性や警察官の前だと緊張が漂う。けれども、あくまで真面目にゴミを拾うだけなので問題はない。


ふんどし インターン生も真面目に黙々とゴミを拾う。燃えるゴミ、燃えないゴミを各自分別しながらセンター街を巡回していく

ふんどし 至る所に落ちているタバコの吸い殻を拾うふんどしマン

ふんどし 空き缶のゴミが多い

ふんどし ペットボトルのゴミはさらに多い

ふんどし 傘やゲーム機のゴミまで落ちている

 真剣に動き回っているからか、汗を大量にかく。そこへときおり風が吹くから心地よい。そして夢中でゴミを拾い続け、あっという間に2時間が経過、大量のゴミが集まった。街をきれいにした達成感があって、なんだかとても気分がいい!


ふんどし 最後はみんなで手分けしてもう一度分別

 しかも最初、あれだけ恥ずかしく周りの目を気にしていたのに、今では全然気にならないことが不思議である。それどころか、ふんどし姿の男たちがかっこよく見える。


ふんどし ゴミ拾い終了後、すがすがしい笑顔が溢れるメンバー

 今回、ふんどしでの活動を体験してみて、決してふんどし一丁であることのスリルや物理的な爽快感だけでなく、自分をさらけ出すことの気持ち良さが何よりも大きいことが分かった。言い換えれば、過度に他人の目を怖がったり、既成概念のカラに閉じこもって萎縮する必要は全くなく、善行を大前提に自己表現や自己主張をして自由に生きるべきだということを、ふんどしを通して学んだのである。もちろん、それが彼らふんどし部の狙いであり、理念でもあるのは先述の通り。ふんどし一つでこれだけのことが実感できるとは、正直に言って驚きであった。

 そしてゴミ拾い活動終了後、ふんどし部の今後の構想を聞いてみたところ、ふんどしの再普及はもちろん、日本の伝統的な下着として世界展開も視野に入れているという。またこうした活動も引き続き精力的に行っていきたいとのこと。そのうちの一つとして、世界初のふんどしファッションショー「ふんどしファッションフェスティバル」が 10月29日に渋谷で開催が決定している。


ふんどしふんどし デザイナーやスタイリストとふんどし部が共に手掛けたデザイン性の高いふんどしや、かわいい女性用のふんどしが登場する予定だ

ふんどしふんどし

 また、ふんどし部ではこの活動においてクラウドファンディングも行っているそう。活動に興味がある方、また賛同していただける方はのぞいていただきたい。


ふんどし 全日本ふんどし脱ぎ方選手権大会も同時に開催される

ふんどしファッションフェスティバル

日時:10月29日 開場:18時 開演19時 終演22時

場所:東京都渋谷区渋谷3-27-1 100banch 3F LOFT

チケット入手方法:クラウドファンディングページにて


(伊佐治龍 /LOCOMO&COMO)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる