ニュース
» 2017年10月17日 23時02分 公開

ソニーの新たなホームロボット「Xperia Hello!」登場 家族を識別して話しかけコミュニケーションを促進

かわいらしく頭部を振って話しかけてきます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ソニーモバイルコミュニケーションズが、新たなコミュニケーションロボット「Xperia Hello!」を11月18日に発売します。家族の一人一人をセンサーで識別し、話しかけて会話を取り持つのが主な機能。価格はオープンで、ソニーストアでの販売価格は14万9880円(税別)となっています。

動画が取得できませんでした

本体 上部にカメラ、中央に4.55インチの液晶ディスプレイを搭載。球状の頭部やボディーが回転して豊かなしぐさを見せます

イメージ 家族の会話のきっかけに

 インターネット機能を備えた、高さ約216ミリの筒形ロボット。登録された家族の顔をカメラで認識するとあいさつをしたり、交通情報や誕生日といった各人に関連する情報を伝えたり、親しみやすいしぐさで話しかけます。ユーザー側から話しかけ、Wikipediaで調べ物を頼むことも可能。


情報 利用している通勤路の情報や関心のあるニュースを、各人に合わせて提供

 スマートフォンから送ったLINEのメッセージを受け取って声で伝えたり、Skypeのビデオ通話端末になったりと、家の内外にいる家族間の会話を仲介する機能も。家族を指定して、ビデオメッセージで伝言を残すこともできます。


LINE 外にいる家族からLINEのメッセージを受け取ると、指定された家族へ音声で伝える

Skype Skypeのビデオ通話端末にも

ビデオメッセージ ビデオメッセージを伝言として残しておくと、あとで家族に伝えてくれる

 家の様子を写し、LINEを介してスマートフォンへ伝える見守り機能も搭載。360度回転して周囲を見渡し、家族がいつごろまで家にいたかといった状況をくわしく伝えてくれます。


見守り 家族の様子が気になるときに


(沓澤真二)


関連キーワード

家族 | Xperia | ロボット開発 | ロボット


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響