ニュース
» 2017年10月24日 21時59分 公開

アイメイト協会が「盲導犬を蹴る動画」の見解を発表 「個人を攻撃する行為は“ネット私刑”にあたる」

虐待が疑われるような痕跡は一切なかったとしています。

[ねとらぼ]

 盲導犬を蹴る動画がSNSで拡散され物議を醸していた件(関連記事)で、アイメイト協会が騒動の経緯をまとめた文書をサイト上に発表しました



 発表によると、アイメイト協会は10日に動画の情報を得た後すぐに調査を開始し、11日には蹴った人物を特定しました。すぐに本人に連絡し、この人物に蹴る意図はなく方向を修正するつもりだったことや、間違った指導方法であることを認識し反省していることを確認。温厚で優しい人物だったことなどから緊急性は無いと判断し14日に面談を設定したそうです。

 しかし13日、和光市駅で該当者を突き止めるべく張り付いている人が複数いるとの情報を受け、急きょ当日に面談を設定。状況を確認し総合的な判断のもと、犬を引き上げることを決め、協会へ連れて帰ったそうです。なお、その後犬の健康状態に関して獣医師による診断を行ったものの、虐待が疑われるような痕跡は一切なかったとしています。


アイメイト 盲導犬

 発表では今回の動画に関して、協会の指導と異なった指導だったことは認めつつ、警察、自治体などの関係機関、獣医師、弁護士、アイメイト協会らの共通した認識として「蹴ったと断定することはできない」と考えているとしています。また、当該人物への過剰なバッシングについても言及し、「動画をネット上にさらし、個人を攻撃する行為は“ネット私刑”にあたる」「個人に対する一方的な暴力で許されない行為」として非難。アイメイト協会は、警察との相談を開始しているほか、法務局人権擁護部、弁護士などとも協議を進め、しかるべき対応を今後も継続して行う予定としています。

関連キーワード

動画 | | 非難 | 医者 | 弁護士 | 虐待 | 警察


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響