ニュース
» 2017年10月28日 11時20分 公開

工事のせいでダンジョン化していた千葉駅をプラレールで再現 京成千葉駅への乗り換え勢も安心の設計

千葉市長も驚嘆。

[ねとらぼ]

 長らく続いていた駅舎・駅ビル工事のせいで“ダンジョン”とも囁かれていた千葉駅。その構造をプラレールで再現したツイートに、利用者や鉄道ファンだけでなく、千葉市長も驚嘆しています。

千葉駅 千葉駅をプラレールで再現。ちゃんと京成千葉駅もあります

千葉駅 工事のせいで度々通路が変わるため「自動生成のダンジョンかな?」と利用者を困惑させていた千葉駅。2016年末に駅ビルの2階以上が開業しました(全面開業は2018年予定)。画像は外観イメージ

 制作したのは、プラレールを使ってさまざまな駅の構造を再現している「プラレールの宿」の松岡純正さん。過去には複雑さでは渋谷駅や新宿駅に匹敵する北千住駅をプラレールで再現して話題になりました(関連記事)。

 千葉駅はJR東日本の総武本線と外房線、千葉都市モノレールの1号線と2号線が乗り入れており、すぐ近くに京成千葉線が乗り入れる京成千葉駅があります。2011年10月から建て替え工事が始まり2016年11月に完成、53年ぶりに駅舎が新しくなったばかりです。

 プラレールの千葉駅では建物を排除し、乗り入れている路線とホームの複雑さを見事に再現。京成千葉駅もちゃんと確認できます。利用者には乗り換えの動線含めてどうアクセスしているのか想像できるのではないでしょうか。あまりの完成度に熊谷俊人千葉市長も「これは凄い!」とリツイートしています。

千葉駅 千葉駅構内図とも見比べてほしい(JR東日本千葉駅駅構内図より)

 ちなみに松岡さんに製作のきっかけを尋ねたところ「そこに千葉駅があったから」という英探検家のジョージ・マロリーのようなコメントをいただきました。そこにあったのなら納得です。製作に6時間、撮影と片付けを含めると9時間ほどかかったと松岡さん。どこかに展示する予定は今のところないそうです。

千葉駅千葉駅 Googleマップと比較してみましょう

千葉駅

千葉駅



(画像提供:松岡純正さん)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響