ニュース
» 2017年10月29日 09時00分 公開

日曜朝にTwitterのトレンド入りする「フルタマン」は何者? フルタ製菓に聞いてみた

フルタ製菓公認のヒーローです。

[ねとらぼ]

 最近、日曜日の朝にTwitterのトレンドによく入るキーワードがあります。それは「フルタマン」。

フルタマン フルタマン

 「プリキュア」「戦隊」「仮面ライダー」が放送されるいわゆる「ニチアサ」時間帯に、これらの人気キャラクターと並んで話題になるフルタマンは、この時間に放送されているフルタ製菓のCMキャラ。インパクトのあるCM内容から、視聴者の心にその存在を強く刻んでいるようです。

フルタマン 某ラジオ体操感のある絵面

 「Furuta」の文字と商品が描かれた全身タイツに、顔には仮面代わりに8の字型の「ハイエイトチョコ」。「地球のみんな! チョコ食べてるぅ〜?↑」と視聴者に声を掛けると、ハイエイトチョコ仮面を着けた「あおい」「ゆか」の2人の女性とともに、シュールな動きの「フルタイソウ」を踊ります。

フルタマン 「地球のみんな! チョコ食べてるぅ〜?↑」

 9月末ごろからニチアサ時間帯でのCM放送が始まり、視聴者から「プリキュアの内容が入ってこない」という発言が飛び出すほどのインパクトを放つフルタマン。いったい何者なのか? フルタ製菓の広報に聞いてみました。

―― フルタマンと後ろの女性2人(「あおい」「ゆか」)は何者ですか?

フルタ製菓 フルタマンは、フルタ製菓公認のヒーローです。詳しいプロフィールなどはまだお話できません。後ろの女性2人はフルタイソウのアシスタントになります。

―― フルタマンというキャラクターはどんな経緯で誕生したのでしょうか

フルタ製菓 フルタマンは、フルタ製菓のCMキャラクターとして誕生しました。フルタマンを通してフルタ製菓のお菓子を皆さまに楽しんでいただけたらと思います。

―― フルタマンの中の人は?

フルタ製菓 中の人はまだお話しできません。すみません……。

フルタマン CMでは素顔を見せる場面も

―― CMのこだわりは? ユニークな振り付けは誰が考えたのでしょうか

フルタ製菓 CMを見た人がフルタイソウをしたくなる。そして、実際にフルタイソウをする。そうなるには、どうしたらいいか? をとことん考えて作りました。フルタイソウの難易度&おもしろさや、フルタマンの語り&アクションはその目的を達成するために計算しています。振り付けは、専門の振り付け師に考えてもらいました。

フルタマン シュールなフルタイソウ

―― CMを「宇宙戦隊キュウレンジャー」「キラキラ プリキュアアラモード」の時間帯に放送する理由は?

フルタ製菓 ヒーローが好きな視聴者に見て頂けるよう、オンエア枠を設定しています。

―― インターネットでのフルタマンに対する反響について どう思っていますか

フルタ製菓 フルタ製菓一同、光栄で身が引き締まる思いです。インターネットはもちろん、「おもしろい」などのお便りもいただいております。お子様も大人の方も、みなさんでフルタマンのフルタイソウを楽しんでいただいているのは弊社としてもうれしい限りです。フルタマンを応援してくださる皆さまに感謝申し上げるとともに、今後も皆さまに喜んでもらえる菓子を作り続けてまいります。


 詳しいプロフィールは“まだ”話せないとのことで、いずれ明らかになるときが来るようです。CMで「地球のみんな!」と声を掛けていることから考えると宇宙人のようですが、果たして……?

 なおフルタマンのCMは特設ページで視聴可能。フルタイソウをマネしてみるのもいいかもしれません。

フルタマン
フルタマン
フルタマン
フルタマン
フルタマン
(画像はフルタ製菓のWebサイトより)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた