ニュース
» 2017年10月31日 14時49分 公開

トーマスのおもちゃをレールの“上”でなく“内側”に走らせると……? 子どもの柔軟な発想に驚き

決められたレールの上は走らねえ……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Twitterに投稿された、子どもがきかんしゃトーマスで遊ぶ様子が斬新です。自走するトーマスのおもちゃを、円形につないだレールの上を走らせずに円の内側へ。それだけで自然と方向転換する仕掛けを作り出しています。天才かよ。


発進 レールごと出発進行。レールはもはや触覚センサーのような役割に

 トーマスはレールをグイグイ押して走りますが、障害物に当たって進めなくなると、レールの内周に沿って走り方向転換。前方がクリアーになると、再びレールを押して前進します。走らせる場所を変えるだけで掃除ロボのような楽しい動きに変わるとは、子どもの発想ってすごい。


衝突転換 障害物に当たると、トーマスはレールの内周をなめるように走って方向転換

再前進転換 障害物のない方向まで来ると、再びレールごと前進。カーペットの縁に当たると、また方向を微調整しています

 投稿した母親の岡野かよさん(@kayop)に話を聞いたところ、息子さんは5歳、動画に少し映っている娘さんは9カ月。おもちゃは旦那さんと息子さんがくじ引きで当てた「トーマスGO!GO!ブリッジレールセット」で、息子さんは簡単すぎて物足りずに新しい遊び方を編み出したのだそうです。ただ、トーマスが自由に動き回るのが怖く感じるようで、娘さんは迷惑そうにしているのだとか。


元のおもちゃ メーカーが想定した遊び方(きかんしゃトーマス公式オンラインショップより)

 発想の柔軟さでフォロワーや周囲を驚かせた息子さんは、毎日段ボール工作に夢中。先日は箱を振ると色紙が出てくる、くじ引き器を作っていたそうです。岡野さんも「日々の遊びが発想の糧になっているのだとしたら、どんどんやらせてあげよう」と考えており、散らかしてもしからないと決めているとのことでした。

画像提供:岡野かよさん(@kayop

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響