ニュース
» 2017年10月31日 20時38分 公開

氷点下で飲む「スパークリング日本酒」クラウドファンディングに登場 → 1日で目標額を達成

舌の上で転がすうちに少しずつ味わいが変化。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 日本酒のEC・店舗事業を手掛ける「クランド」が、シャープの社内ベンチャー「テキオンラボ」と埼玉の老舗酒蔵・滝澤酒造と共同で、スパークリング日本酒「白那-HAKUNA-」を開発しました。クラウドファンディングサイトのMakuakeにて先行販売を開始しており、入手に必要な支援額は1セット8075〜9500円(税込)。


HAKUNA 紅白をあしらったボトルと艶やかな保冷バッグで、祝いの席を演出

 酒米を発酵させたのち、あえて目の粗い袋でこすことで、「おり」と呼ばれる旨味成分を残す製法が特徴。3月に公開されたプロジェクト「冬単衣(ふゆひとえ)」(関連記事)と同様、テキオンラボ開発の蓄冷材を使用した保冷バッグとセットで販売されます。


HAKUNA 日本酒本来の、米の旨味を強く感じられるとのこと

 冷やして氷点下をキープすることで、ボトル内のガス圧を安定させ、そこからゆっくりと傾けることで、沈んでいた旨味成分が混ざって味わいが均一になるそうです。さらにグラスに注ぐと旨味成分が広がって、雪の結晶が舞うような光景も楽しませてくれます。


HAKUNA 冷やしてから一度だけゆっくり傾けることで、味が均一に

HAKUNA 目でも楽しめる仕上がり

 冷却には、口に含んで転がすうちに体温の影響で味わいが変化する効果も。冷たくてすっきりした風味から、やがて華やかな香りと豊かな甘味を放ち、口の中に余韻を残していくといいます。


HAKUNA

 プロジェクトは既に目標金額の100万円を突破する人気に。支援者への発送時期は選択したコースによって異なり、12月か2018年2月となっています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」