ニュース
» 2017年11月04日 09時44分 公開

犬を飼う第一選択肢を保護犬に 「保護犬写真集」を学校や図書館に寄贈する企画がクラウドファンディング中

今では幸せに暮らしているワンちゃんの姿をストーリーとともに掲載しています。

[宮原れい,ねとらぼ]

 子どもたちに保護犬について知ってもらうため、「保護犬写真集」を作って学校や図書館に寄贈する企画がクラウドファンディングサイト「READYFOR」にて開始しています。


保護犬のわんこ プロジェクト 保護犬写真集 クラウドファンディング

 企画したのは「保護犬のわんこ」プロジェクト(HWP)。「犬を飼う第1選択肢が保護犬になるような社会になって欲しい」という思いからSNSを通じて集まった元保護犬の里親さんら約400人からなるプロジェクトで、これまでLINEスタンプやグッズなどを利用した保護犬の啓発と周知の活動を行っています。

 今回の企画「保護犬写真集」では、保護犬に対する「いうことを聞かない」「なれない」といった誤解をなくすべく、写真と一緒に里親が見つかった保護犬のストーリーも掲載。殺処分になるはずだった保護犬が里親さんに引き取られ、今では幸せに暮らしている姿や家族の一員として大事な存在となっている姿を見て知ることができます。


保護犬のわんこ プロジェクト 保護犬写真集 クラウドファンディング 幸せに過ごしている写真とそのワンちゃんの物語を掲載

保護犬のわんこ プロジェクト 保護犬写真集 クラウドファンディング 「保護犬のわんこ」プロジェクト(HWP)の活動内容は公式サイトで確認できます

 ちなみに同写真集はすでにAmazon.co.jpでKindle版(99円)として販売されていて、クラウドファンディングの資金で再編集して作成した印刷版を1年を目安に学校や図書館などに寄贈する予定です。

 支援は一口1000円から可能で、3000円から写真集がリターンとして手に入ります。目標金額は135万円で、期間は12月12日23時まで。11月3日時点で65万2000円(支援者数103人)を集めていて、48%達成しています。


保護犬のわんこ プロジェクト 保護犬写真集 クラウドファンディング かわいらしい元保護犬のワンちゃん

保護犬のわんこ プロジェクト 保護犬写真集 クラウドファンディング 写真集ではこんな感じに掲載されます

保護犬のわんこ プロジェクト 保護犬写真集 クラウドファンディング 里親さんに引き取られ、幸せそうなワンちゃんの姿

保護犬のわんこ プロジェクト 保護犬写真集 クラウドファンディング 子どもたちに「保護犬の良さ」や「命の大切さ」を伝えるための企画です

保護犬のわんこ プロジェクト 保護犬写真集 クラウドファンディング 家族の一員となったワンちゃんたち

保護犬のわんこ プロジェクト 保護犬写真集 クラウドファンディング 幸せそうな姿に思わずほっこり

保護犬のわんこ プロジェクト 保護犬写真集 クラウドファンディング 缶バッチや車に貼れるステッカーなど、個人で参加できる周知や啓発活動も行っています

関連キーワード

| 写真集 | クラウドファンディング


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」