ニュース
» 2017年11月06日 22時55分 公開

凸版印刷とNTTドコモが「仮想テレポーテーション」のプロトタイプ開発 5Gを活用したちょっと未来な臨場体験へ

遠隔地から観光を楽しむ未来が目の前に。

[宮原れい,ねとらぼ]

 凸版印刷とNTTドコモは、第5世代移動通信方式を活用した「IoA仮想テレポーテーション」のプロトタイプ実証実験を、11月9日から開催の展示イベント「見えてきた、“ちょっと先”の未来 〜5Gが創る未来のライフスタイル〜」にて公開します。


IoA 仮想テレポーテーション 凸版印刷 NTTドコモ 高速通信により高精細かつシームレスな新臨場体験が可能に

 2020年の実用化を予定しているNTTドコモの第5世代移動通信方式(5G)。その検証環境である5Gトライアルサイト向けに開発したもので、遠隔観光やスポーツ観戦、遠隔就労などの体験用途を想定した技術となります。

 4K有機ELディスプレイによる6面マルチディスプレイ「OLED大型伝送ルーム」から、遠隔にある4K360度カメラ「分身ロボット」を操縦し、そのカメラの映像を5Gネットワーク経由で伝送ルームのスクリーンに送ることで、実際に遠隔地にいるようなリアルタイムの臨場体験が可能となっています。


IoA 仮想テレポーテーション 凸版印刷 NTTドコモ 6面マルチディスプレイを設置した「OLED大型伝送ルーム」

IoA 仮想テレポーテーション 凸版印刷 NTTドコモ 「分身ロボット」には操縦者の顔を表示してコミュニケーションも可能に

IoA 仮想テレポーテーション 凸版印刷 NTTドコモ 遠隔地から観光や見学ができるように

動画が取得できませんでした

 同プロトタイプは、2016年7月から開始した凸版印刷と東京大学暦本研究室によるIoAの共同研究の成果をもとに開発。今後はスポーツイベントや博物館・美術館、工場などに配置した同様のロボットを遠隔から操縦し、体験や見学ができる遠隔体験ソリューションの実現を目指していくとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン