ニュース
» 2017年11月09日 10時30分 公開

サンシャイン水族館で大水槽の9割にあたる魚が大量死 原因は酸欠か

24種1235個体が死んだ。9日から公開している。

[ねとらぼ]

 サンシャイン水族館は11月8日、大水槽「サンシャインラグーン」に展示していた魚が多数死んでいることを発見したと発表した。水槽は9日から公開を再開しているが、サンタダイブを含むパフォーマンスや餌やり体験、探検ガイドツアーは再開の見通しが現段階ではたっていない。

サンシャイン水族館 9日から公開を再開している

 サンシャインラグーンの大きさは横約12メートル、奥行き約9.6メートル、高さ約2.4メートル。湾曲した水槽で、南国の海をイメージし水底に白い砂が敷き詰められていた。

 大量死が判明したのは8日早朝。館内を巡回する警備員が水槽の魚が多数死んでいるのを発見した。死んだのはトビエイ類、タカサゴ類など24種1235個体。調査の結果、酸素欠乏症の可能性が高いとの結論に至っている。

 水槽では11月7日10時から白点病と疑われる一部の生物の治療として薬浴を実施。効果を高めるためにタンパク質除去用装置の運転を停止していた。空気を水槽に送り込み、水を循環させる装置は稼働しており、7日20時ころにスタッフが確認したときも異常は確認できなかったという。水槽設置当初はタンパク質除去用装置が未稼働でも問題なかったとのこと。今後は空気の供給装置の増設を検討し再発防止に努めるとしている。

 なお、トラフザメ、ヒョウモンオトメエイなど26種73個体が生存。数が減少した水槽には随時魚を追加していく計画だ。

サンシャイン水族館 サンシャインラグーンの大水槽(サンシャイン水族館のTwitterより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン