ニュース
» 2017年11月13日 21時25分 公開

第5回将棋電王トーナメントで「平成将棋合戦ぽんぽこ」が初優勝 「Ponanza」らの強豪を抑えての優勝

準決勝でPonanzaを撃破した「ぽんぽこ」は、勢いに乗って決勝でshutgunも下し、見事初優勝を飾りました。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 最強のコンピュータ将棋ソフトを決める「第5回将棋電王トーナメント」が11月11〜12日に六本木のニコファーレで行われ、「平成将棋合戦ぽんぽこ(以下、ぽんぽこ)」が初優勝し、「電王」の称号と賞金300万円を手にしました。


平成将棋合戦ぽんぽこ たぬきの着ぐるみに身を包んで「300万円」の目録を掲げる、いい大人

 史上最多の全42ソフトが参加した今大会。予選リーグを1位通過したのは、第2期電王戦で佐藤天彦名人を2連勝で下したPonanzaでしたが、決勝トーナメント準決勝でそれに立ちはだかったのは「ぽんぽこ」。Ponanzaを撃破したぽんぽこは、勢いに乗って決勝でshutgunも下し、見事初優勝を飾りました。


平成将棋合戦ぽんぽこ なんと、難敵Ponanzaを撃破。画像は公式ページより

 「ぽんぽこ」を開発したのは、野田久順・河野明男の両氏。なぜかぽんぽこたぬきの着ぐるみに身を包んで優勝コメントを行った野田氏は、「3チームに分かれて参加した他メンバーと協力して開発を行い、他の開発者が公開した手法を取り入れながら強くしている」ことを強調。「いずれの支援も無かったらここには立てていなかったと思います」と、着ぐるみキャラに似合わない、至極まっとうなセリフで大会を締めくくっています。


平成将棋合戦ぽんぽこ トロフィーを手にするたぬきの着ぐるみ男(野田さん)

■順位結果

【電 王/賞金300万円】平成将棋合戦ぽんぽこ (野田久順・河野明男)

【第2位/賞金100万円】 shotgun (芝世弐)

【第3位/賞金 70万円】 Ponanza (山本一成・大渡勝己)

【第4位/賞金 50万円】 読み太 (塚本隆三)

【第5位/賞金 30万円】 Qhapaq_conflated (SAWADA Ryoto・ITO Yuki)

 また、全ソフトの中から最も特徴的なソフトに贈られる特別賞は「 やねうら王with お多福ラボ」(開発者:磯崎元洋・浜道崇・和泉龍徳・森田康太郎 )が受賞しました。


平成将棋合戦ぽんぽこ 会場となったニコファーレ


辰井裕紀


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐