ニュース
» 2017年11月15日 09時00分 公開

「パーソナルモビリティ」とは? 多分、ぼくらが20〜30年後くらいにお世話になっている乗りもの(2/3 ページ)

[太田百合子,ねとらぼ]

一緒に出掛けるのが楽しくなりそう──2人乗り電動カート「Honda ふれモビ Concept」

 本田技研工業(ホンダ)は、今回の東京モーターショー2017で複数のパーソナルモビリティを展示していました。その1つが2人乗りの電動カート「Honda ふれモビ Concept」です。

photo 現状の電動カートサイズの車体サイズで2人乗車できるようにした「Honda ふれモビ Concept」。簡単に2人乗りできる工夫によって、パートナーへの負担や遠慮、そして自身の口には出せないガマンを軽減できると期待されています
[TMS2017] Honda ふれモビ Concept(YouTube/本田技研工業株式会社)

 Honda ふれモビ Conceptは、これまでの電動カート1台分のサイズで2人乗れるようにしたものです。1人は座って、もう1人は後ろに立って乗るスタイルです。自分1人ではなく「パートナーと一緒に、気兼ねなく移動できるように」という意図を込めているそうです。

 例えば、老夫婦のどちらかが車椅子を押しているような「老老介護」のシーンをよく見かけます。「気兼ねなく」一緒に楽しく出掛けたい──。パートナーを気遣って口には出さずにガマンしたり、遠慮してしまう心理状況は、介護の現場では想像以上にあるとホンダの説明員は述べます。こういったことも、近未来の乗りものの力で解決できそうです。

スーパーの店内も、坂道もスイスイと“歩ける”──「Honda チェアモビ Concept」

 もう1つは、“歩くように移動する”ことにこだわった、1人乗りの電動モビリティ「Honda チェアモビ Concept」です。

photo “歩くように移動できる”の実現を目指す「Honda チェアモビ Concept」
[TMS2017] Honda チェアモビ Concept(YouTube/本田技研工業株式会社)

 Honda チェアモビ Conceptは、バーなどにある昇降式スツールのような椅子にタイヤを付けたような小型の車体が特長です。座席がやや高い位置に自動調整されることで、目線が立っているときと同じ位置になります。

 ポイントは、「並んで歩くパートナーと目線が同じになる」ことと、「その場で回転できるくらいに小回りがきく」ことです。この仕様も、前述した「ふれモビ Concept」と同様に、パートナーと一緒に外出したり、少し狭いスーパーやコンビニで買い物したりするときに、「“自分は迷惑を掛けているのではないか”などと心配してしまう心理状況を一掃したい」とする思いが込められています。

3輪バイクの技術を生かした、立ち乗りスタイルの3輪EV「TRITOWN」

 ヤマハ発動機からは、3輪バイク「TRICITY」で採用された「LMW(Leaning Multi Wheels)」技術を応用した個人向けの立ち乗り型3輪EV「TRITOWN」が展示されました。

photo 立ち乗り型の3輪車「TRITOWN」
TRITOWN / The 45th Tokyo Motor Show 2017(YouTube/ヤマハ発動機公式チャンネル)

 TRITOWNは、3輪の安定感を保ったまま体重移動でスイスイ乗れるパーソナルモビリティです。そのまま自立できるので、乗ったまま静止もできます。「まるで自分の足のような一体感が味わえる」乗り心地を目指しているそうです。



 自動運転技術の進展は、この先の社会の在り方も変えるはずです。鍵は「その場、その時のその人のために」「心理状況などまで認知してごく自然に制御すること」と、あるブースの開発者は述べていました。自動運転車だけではなく、20年、30年後の私たち自身が普通に使っているかもしれない「パーソナルモビリティ」もじわじわと身近になってきそうな近未来の1つといえそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」