コラム
» 2017年11月20日 11時00分 公開

「探偵の世界、完全実力主義ですよ」 探偵ってどんな仕事してるの? 調査料の相場から尾行の仕方まで、ホントのところを聞いてきた(前編)(1/2 ページ)

調査料、1週間で数百万……?

[中山順司,ねとらぼ]

 皆さんは「探偵」と聞いてどんなイメージを思い浮かべるでしょうか。小説や漫画などのフィクションの世界では、事件を解決してくれるおなじみの存在であり、そのカッコよさが強調して描かれるのが一般的です。

 しかし、いつでも理想と現実には差があるもの。「依頼があるのは浮気調査ばかり」「調査対象から訴訟されることも」など、厳しい話も耳にします。実際のところ、探偵業とはどのようなお仕事なのでしょうか?

 ということで、首都圏近郊に事務所を構えて15年、現役バリバリの探偵さん(40歳、男性)にお話を伺ってきました。探偵になったきっかけから調査料の相場、尾行の仕方まで、意外と知らない“探偵の世界”を見ていきましょう。

バイクの運転技術で探偵に

――どんなキッカケで探偵に?

 築地で仲買いをしてて、そこで腰を傷めたんです。その前はテレビ制作会社で撮影とか。

――腰を傷めて身体に負荷のない仕事を探したんですね。にしても、ふつうは探偵なんて思い付かないのでは?

 じつはバイトで探偵事務所のお手伝いをしていたことがあって、それが縁ですね。若い頃はポケバイのレーサーもやってて、そのスキルを買われていたんです。

――昼は築地で仲買い、夜はさっそうと探偵に変身……していたと。

 どうしても尾行できない対象者がいて、「バイクで追っかけてほしい」と依頼されたんです。当時はバブルでけっこうなバイト代をいただけて、味をしめたといいますか(笑)。

――バイクの運転技術がそういう形で転職につながったんですね。

 ビデオカメラが出始めた時代で、探偵さんたちも慣れていないせいか撮影がヘタなんです。僕は映像や音源の扱いに慣れてたので、他の人のやり方が素人仕事に見えてしまった。他のメンツを指導しているうちにだんだんリーダーになっていました。運転も撮影も私が事務所で一番うまかったので。

――適性があったんですね。

探偵も営業する

――ご自分で独立して事務所を立ち上げたのはなぜですか?

 「クライアントのケツの毛までむしりとれ」って考え方が探偵業界の掟(おきて)でして。

――えっ、クライアントの? クライアントになるべくカネのかかる調査方法を提案するとか?

 そうです。バイトしていたところを含め、業界全体的にそんな感じでした。仕事の進め方、経営方針に不満があった仲間も多かった。じゃあ自分たちで始めてしまおうか、会社作ろうぜとなって、かれこれ15年経営してます。

――今、おいくつですか?

 40歳。25歳で独立しました。

――ずいぶん若くして起業したんですね。

 運転、映像は得意だったけど、会社の切り盛りは素人のまま独立しちゃいました。なんせ、お客さんのとり方も知らなかったですし。

――探偵も営業するんだ。

 引っ越し会社に「盗聴器発見するよ」って提携とりにいったり、司法書士事務所、法律事務所にも。「なにかあれば格安で動くよ」って声をかけました。門前払いされることもありましたが。

――直にクライアントを探すのではなく、業者との接点づくりですね。

 起業1年目は事務所の維持で必死でした。

「探偵業、超地味です」

――探偵ってなんとなくカッコいいイメージがあります。シャーロック・ホームズ的な。

 言っておきますが、超地味ですよ。無駄足も多いし。どんな調査もそうですが、相手が動かないと証拠が取れません。

――でも、いつ動くか分からないし……。

 そう。しかも派手に動けない。存在を消して、個性を塗りつぶし続ける。そんな時間が98%なんですが、クライアントは結果(証拠写真)しか興味ないというか、評価したがりませんね。

――ちなみに、調査料の相場はいくらくらい?

 動員する調査員の数、規模、レベルによりますが、1日で数十万かかることもザラ。1週間で100万単位になります。1週間、24時間張り付かせたら250万くらい。

――マジすか!(思ってたよりも高い……)

 うちは相場の半額です。他で同じことをすると500万とか600万。普通の探偵社ってそんな価格感です。

――ウン百万円とか、お金持ちしか頼めないんじゃ……?

 おいそれと出せる金額ではないのはたしかですが、クライアントは一般の方ですよ。裁判で絶対に勝たねばならないので金額はいとわない人が多い。ただ、「24時間張り付く必要はないんじゃないですか」「自宅に帰ったら(クライアントも一緒にいるわけだし)調査員を下がらせてもいいのでは」とか、コストダウンのアドバイスはします。

 常識的に考えて、一人の調査員を24時間拘束すると、2-3万円では済まないのは分かりますよね。安くても5万円かそれ以上はかかるわけで。

――ですよね。24時間で3万円なんて、バイトでも割が合わない。

 ざっと弁護士費用の2倍だと思ってくれればいいかなと。調査を1カ月続けたらすごい価格になるんですけど、実際には1週間でも続けることは稀(まれ)で、たいていはもっと短い期間で結果が出ます。

――けっこう短期勝負なんですか。

 怪しい行動を起こしそうにない日は調査しないとか。企業からの依頼だと毎日張り付くことはありますが、会社にいない土日は調査を中断するとか。勤務時間中はマークしなくていいでしょうとか、サーバ監視すれば済むでしょうって提案はします。

――にしても、もっと気軽に頼めるのかと思ってました。

 「高い」っていわれることは多いです。そんなときは「じゃあ、ネットで検索して他社で同じ内容で見積もり取ってみてください。倍かかりますよ」って伝えます。すると納得してもらえます。

探偵に向いている人材とは?

――探偵の適性ってあるんですか。向き不向きとか。

 あります。探偵社に就職希望する若い子も多いです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/28/news108.jpg MAX74.8キロの霜降りせいや、半年の過酷トレーニングで約9キロ減 別人ばりの痩せ姿に「惚れました」
  2. /nl/articles/2109/27/news084.jpg 星野さんどこ……? 「どん兵衛」、鬼気迫るどんぎつねさんが“眼鏡”を放り捨てる意味深CMがもう「リアルごちゃ混ぜ」
  3. /nl/articles/2109/26/news053.jpg 娘がダイソーで買ったニワトリ風船がなんかおかしい…… ナナメ上のビジュアルに「吹いた」「おなか痛いw」
  4. /nl/articles/1904/02/news128.jpg もはや別人じゃん! ガリガリガリクソン、47キロ減で劇的ビフォーアフター「俺は平成の終わりにデブを捨てた」
  5. /nl/articles/2109/28/news069.jpg 「母さんごめん。26歳になってもまだ使ってる」 家庭科で作った“ドラゴンナップザック”を社会人になっても使い続ける猛者が強い
  6. /nl/articles/2109/27/news068.jpg 母から借りたキャリーバッグの中から見つかった不気味なものとは…… 謎が謎を呼ぶ思い出を描いた漫画がゾッとする
  7. /nl/articles/2109/27/news043.jpg シンクでじっとお水を待つ猫、しかし…… 出てこない水に悲し気な姿に「悲壮感ハンパない」「けなげでかわいい」の声
  8. /nl/articles/2109/29/news001.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「笏」
  9. /nl/articles/2109/27/news061.jpg 子どもが怖い人とぶつかってしまった、と思ったら? 頑張るママを癒やしてくれる顔面ヤクザなお兄さんの漫画が優しい世界
  10. /nl/articles/2109/28/news093.jpg 「将来はイケメン確定」「モデルになって」 ジャンポケ斉藤&瀬戸サオリ、1歳長男がファン急増しそうな天使ぶり

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」