「浮気調査はおいしいから取り合いになる」「尾行は素人には100%無理」 意外と知らない“探偵のお仕事”について聞いてきた(後編)(1/2 ページ)

「調査されたら浮気は絶対バレる」そうです。

» 2017年11月20日 11時00分 公開
[中山順司ねとらぼ]

 フィクションの世界ではよく見かけるけど、実際には何をしているのか分からない「探偵」のお仕事。記事前編では、調査料の相場から尾行の仕方まで、探偵歴15年のベテランさんに話を伺いました。

 後編となる今回は、「調査されたら浮気が絶対バレる」という話から、「いじめ調査は無料」の理由まで、引き続き「知られざる探偵の世界」に迫っていきます。

尾行は素人には100%無理

――タクシーで「前の車を追ってくれ!」ってあるんですか?

 ふつうにありますよ。

――おお!

「前の車を追ってくれ!」

 現場で対象者に車に乗られる=逃げられるってことです。1台しかタクシーがなくてそれに乗られてしまうのが、典型的な見失いパターン。ベテランはそのへんが経験で分かっているので、危険を察知したら対象者を追い越して先にタクシーを捕まえて乗り込みます。

――えっ。で、どうするんです?

 運転手に「まだ出さないで」って指示してじっと待機。で、対象者が別のタクシーに乗り込んだら「あれを」と追いかけさせるんです。

――あらかじめ、車は用意しておかないんですか?

 それも可能です。ただし、事前にクライアントで車の選択肢を選んでもらわないといけません。

 追う手段はバイク、徒歩、車いろいろありますよね? 対象者の交通手段を事前に調べておき、相手に合わせて準備します。何しろ、現場に全ての交通手段を用意する訳にはいかないですから。

――車を選べば、料金はどうしてもかさみますよね。

 ええ、頼まない人もいますが、そうなると相手が車を使った場合に追いかけられませんよ、とお伝えします。

――出たとこ勝負はダメってことか。

 ダメです。相手に振り回されるし、空振りも多くなり、いつまでも証拠がつかめない。料金をケチりすぎるとそうなってしまいます。

 それでもなんとなく、「探偵の尾行なんて簡単だ。おれでもできる」って思っていませんか?

――ええ、なんとなく自分でもできそうな気がしないでもない……。

 100%無理ですよ。探偵学校で学んでいる実習生でも確実に巻かれます。せいぜい3時間しか持たない。ほとんどは1時間半で見失います。テクニックや集中力の持続等、コツが無数にありますので。

――ずっと目線を送りっぱなしだと、相手に気付かれそう。

 ヘタすぎて、「君、完全にバレてるよ……」ってかんじで尾行してくる実習生も多いです。尾行される側がちょっと動く瞬間にあっという間に見失ってしまう。相手が「逃げよう」って頑張ってないのに、それでも巻かれてしまうものです。しかも、尾行はただついていくだけでなく、証拠映像の撮影も気付かれないようにしなくてはいけません。

――だいぶ難度が高そうですね……。

浮気調査は調査員同士で取り合いになる

――探偵事務所でポピュラーな調査って、やっぱり浮気調査なんですか?

 浮気調査は多いですね……。どっちかというとうちは詐欺師追跡、ストーカー対応、企業内犯罪の調査が専門なのですが、需要があるので浮気調査はよくやります。

――企業内犯罪の調査って、具体的にはどんなものでしょう。

 会社からの依頼で情報漏えい犯、あるいは横領事件を暴く……というものです。「社員の犯行だと見当は付いているが誰だか分からない」とか、「怪しい社員の心当たりはあるけど、証拠がないので尻尾をつかんでほしい」とか。

――うお……一気に生々しくなってきた。

 こういうケースは犯罪者が相手です。詐欺師はプロだし、ストーカーや企業内犯罪もしかり。そういった相手を追うよりも、浮気調査のほうがよほどラクです。浮気調査は調査員同士で案件の取り合いになるほど(笑)。

――一般人だし、逃げるテクニックもないですもんね。

 稀に尾行を巻こうとしたりする人はいますが、われわれには通用しません。「ああ、こざかしい技を使っているなー」と生温かく見守ってます(笑)。

――あら……素人が頑張っても通用しないんだ。

 自宅を突き止めるだけなんて楽勝だし、浮気相手とホテルに入る瞬間を抑えるのも朝飯前。時間差で入ることでごまかそうとするでしょう? でも、われわれはちゃんと隣の部屋を事前におさえているから分かります。ドアスコープからのカメラで記録もしているので、部屋に入るところをばっちり納めます。

――えーーー、隣の部屋に陣取って待ち構えてるんだ……。ずるい! そんなことされたら、もうお手上げじゃないですか。あ、べつに浮気する人の肩を持つわけじゃないですが(笑)。

 コンシェルジュがいるような、完全に遮断されている場所は難度が上がりますが、それでもなんとかします。対象者がこういう場所を使う場合、奥さん側もそれなりにお金とコネクションを持っているものなので、会員カードを借りるなどして潜入します。

――でも、芸能人とかセレブ階級が住む高層マンションはさすがにムリでしょう?

 詳しい手法は内緒ですが、一歩手前くらいなら行けますよ。つまりですね、ちゃんとした探偵に浮気調査を依頼したら、まず確実に証拠をつかまれます。

――まじか……。

数々のトラブルも

――相手がプロだと、やはり警戒心も強いんですかね?

 詐欺師は警察を想定して警戒しているので、レベルが高いです。われわれはそういうのをいつも相手にしています。

――危害を加えられたことは?

 そんなにないですよ。いままでいろいろされたけど、入院するほどのケガを負ったことはありません。まあ、もしもされたら裁判の材料に使いますしね。

――少々のケガは経験済み……と。

 車をぶつけられることはあったかな。あ、監禁されたことはあって、怖い思いもしてます。

――相手から逆に訴えられることは?

 そういうことを言う人はいます。不法侵入だとかなんだとか、いちゃもん付けてくる人間は。だけど、「どうぞ、受けて立つよ。逃げないよ」って言い返します。「その代わり、うちも弁護士団を使って戦う。あなたの人生を本気でつぶすつもりでいくけどいいね?」って徹底抗戦の姿勢を見せます。訴えられたことはありますけど、一度も負けたことはありません。あと、ただ訴訟に勝つだけじゃなく、賠償金までぶんどってやります。

――探偵を敵に回すと怖い……。

 合法にやるので、訴えられても問題ないです。そういえば、建設業の社長さんだった対象者で、浮気がバレて家庭が崩壊し、会社をつぶして、一家離散になったケースもありました。オマケに婿養子だったので、家からたたき出されてしまい、その後の消息は分かりません。

「いじめ調査は無料」の理由

――Webサイトを拝見したところ、いじめ調査は無料だと書いてありました。その理由は?

 じつは最初は有料で請けていたんです。でも……。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  2. /nl/articles/2406/15/news010.jpg 生活難易度MAX トイレも簡単に行けない“謎すぎる間取り”の都内マンションがシンプルに変な家で「癖強すぎ」「どんな部屋やねん」
  3. /nl/articles/2406/15/news064.jpg “未発売”のはずの新商品がフリマアプリに流出…… スノーピークが謝罪「心よりお詫び」
  4. /nl/articles/2406/15/news027.jpg 6カ月赤ちゃん、生まれて初めての体験に思わず「かあちゃんたすけてー!」 SOSの理由に「感情が迷子になってる感じが最高に可愛い」
  5. /nl/articles/2406/14/news020.jpg 爆弾岩のようなイカつい見た目の生き物を茹でてみたら…… ありえない変化に反響「何回見てもおもろい」「ダンジョン飯っぽさがw」
  6. /nl/articles/2406/14/news030.jpg 【今日の計算】「9+4×5−8」を計算せよ
  7. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  8. /nl/articles/2406/14/news013.jpg 深夜2時に響き渡る鳴き声→見ると隣家の物置に紐で繋がれている子猫が…… 仰天する当時の状況と意外なワケが胸に迫る
  9. /nl/articles/2406/11/news013.jpg 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. /nl/articles/2406/13/news123.jpg 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」