ニュース
» 2017年11月16日 15時20分 公開

相変わらずの攻めの姿勢 恒例ネタ「裏紅白歌合戦」2017年度のメンバー発表

文春砲が炸裂(さくれつ)した2016年に比べ、今回は穏やか?

[ねとらぼ]

 年末恒例のネタ企画「裏紅白歌合戦」、2017年度の出場メンバーが発表されました。総合司会はフジテレビの報道番組「ユアタイム」で共演していた市川紗椰さんと野島卓アナウンサー。司会は白組が船越英一郎さん、紅組が松居一代さん、サブ司会は白組が村上信五さん、紅組が小島瑠璃子さんと、ゴシップが報じられた面々で頭から飛ばしております。


 出場歌手には、千眼美子(清水富美加)さん、ASUKAさん、豊田真由子前衆院議員、籠池夫妻と、芸能界から政界まで2017年に世間で取り沙汰された名前がずらり。小池百合子さん「君の名は希望」、松本伊代・早見優さん「線路は続くよどこまでも」と、歌手と曲目の組み合わせに相変わらず皮肉を感じさせます。斉藤由貴さん、50TA(狩野英孝)さんと恋愛スキャンダルで話題となった人も網羅……今年も攻めの姿勢は健在です。

 一方で良い意味で話題になったメンバーも豊富。加藤一二三さん、にゃんこスター、JAGUARさんなどお茶の間でブレイクした面々、稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾さんらによる「72」など。他にもカールおじさん、芸能界を引退した嗣永桃子さんと、さよならが寂しくなった名前もありました。

裏紅白 2017 スタッフも見逃せません

 審査員はドナルド・トランプ氏(通訳:ピース綾部)に、侵入生物専門家の五箇公一さん、パンダの香香、VR蓮舫などこれまた世間を賑わせたメンツが。スタッフは、日本語のひどさに定評のある滝沢カレンさんがラジオ実況、サッカー解説でただならぬ才能を見せた小柳ルミ子さんが解説。会場は「上野・不忍池(の、池の水を全部抜いた特設会場)」、整備は甲子園球場で話題をさらった阪神園芸と、2017年をおさらいできる布陣となっています。

 「裏紅白歌合戦」は、1998年からほぼ毎年公開されている、その年に世間を賑わせたメンバーやお約束な人たちで架空の紅白歌合戦を構成するネタ企画。例年企画を告知しているTwitterアカウント・jiyujohoさん(@jiyujoho)は2017年度について、「2016年が異常な一年でしたので、今年は昨年とくらべると比較的穏やかになっております」と振り返っています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた