ニュース
» 2017年11月16日 15時20分 公開

相変わらずの攻めの姿勢 恒例ネタ「裏紅白歌合戦」2017年度のメンバー発表

文春砲が炸裂(さくれつ)した2016年に比べ、今回は穏やか?

[ねとらぼ]

 年末恒例のネタ企画「裏紅白歌合戦」、2017年度の出場メンバーが発表されました。総合司会はフジテレビの報道番組「ユアタイム」で共演していた市川紗椰さんと野島卓アナウンサー。司会は白組が船越英一郎さん、紅組が松居一代さん、サブ司会は白組が村上信五さん、紅組が小島瑠璃子さんと、ゴシップが報じられた面々で頭から飛ばしております。


 出場歌手には、千眼美子(清水富美加)さん、ASUKAさん、豊田真由子前衆院議員、籠池夫妻と、芸能界から政界まで2017年に世間で取り沙汰された名前がずらり。小池百合子さん「君の名は希望」、松本伊代・早見優さん「線路は続くよどこまでも」と、歌手と曲目の組み合わせに相変わらず皮肉を感じさせます。斉藤由貴さん、50TA(狩野英孝)さんと恋愛スキャンダルで話題となった人も網羅……今年も攻めの姿勢は健在です。

 一方で良い意味で話題になったメンバーも豊富。加藤一二三さん、にゃんこスター、JAGUARさんなどお茶の間でブレイクした面々、稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾さんらによる「72」など。他にもカールおじさん、芸能界を引退した嗣永桃子さんと、さよならが寂しくなった名前もありました。

裏紅白 2017 スタッフも見逃せません

 審査員はドナルド・トランプ氏(通訳:ピース綾部)に、侵入生物専門家の五箇公一さん、パンダの香香、VR蓮舫などこれまた世間を賑わせたメンツが。スタッフは、日本語のひどさに定評のある滝沢カレンさんがラジオ実況、サッカー解説でただならぬ才能を見せた小柳ルミ子さんが解説。会場は「上野・不忍池(の、池の水を全部抜いた特設会場)」、整備は甲子園球場で話題をさらった阪神園芸と、2017年をおさらいできる布陣となっています。

 「裏紅白歌合戦」は、1998年からほぼ毎年公開されている、その年に世間を賑わせたメンバーやお約束な人たちで架空の紅白歌合戦を構成するネタ企画。例年企画を告知しているTwitterアカウント・jiyujohoさん(@jiyujoho)は2017年度について、「2016年が異常な一年でしたので、今年は昨年とくらべると比較的穏やかになっております」と振り返っています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/08/news030.jpg 「子猫がとうとうトイレまでついてくるようになった」 甘えん坊な子猫ちゃんが“絵画のように美しい”と話題に
  2. /nl/articles/2105/09/news005.jpg まだ生後5カ月の子犬が……人間サイズでデカモフ! ホワイトシェパードの成長っぷりが想像を超えてくる
  3. /nl/articles/2105/09/news021.jpg 「シュール笑いの構成が完璧」 滑り台を撮影した5秒の動画に50万“いいね”、「違う、お前じゃない」のツッコミ続出
  4. /nl/articles/2105/09/news020.jpg 在宅勤務中、玄関から物音が→まさかの犯ニャンに驚愕! 必死にドアを開けようとする近所の猫ちゃんが目撃される
  5. /nl/articles/2105/09/news006.jpg 「秋葉原駅で降りると思われた屈辱!」 オタクな殺人犯の動機が繊細過ぎる漫画が一部の人の心に刺さる
  6. /nl/articles/2102/04/news101.jpg 「女優さんかと思った」「卓球界のシンデレラ」 石川佳純、プロが仕上げた“ガチ美人”ショットに絶賛の声
  7. /nl/articles/2105/08/news035.jpg 「良い味出してる」「すんごい欲しい」 目を離したら「うわぁっ!」っとなるカップ麺の蓋ストッパーが話題に
  8. /nl/articles/2105/09/news031.jpg 藤田ニコル、23歳で約700万のメルセデス・ベンツGLBを購入 2000万円の予算に比べ「安く感じてる」
  9. /nl/articles/2105/09/news023.jpg オリラジ藤森、“笑顔のかわいいマネジャー”とびちゃんに高級車を購入 ファンは「絶対彼女より大切になってる」
  10. /nl/articles/2105/07/news100.jpg スタバやドトールの「コーヒー1杯の値段に対する気持ち」を表した図に共感の声 味にこだわらない人はこう思ってる?