ニュース
» 2017年11月17日 09時00分 公開

スマホ操作で一人称視点のロボットバトル! 現実でFPSが遊べるバトルロボット「GEIO」がクラウドファンディングで登場

カメラ内蔵のスイスイ動く小型ロボットです。

[宮原れい,ねとらぼ]

 一人称視点のシューティングゲームが現実で遊べるバトルロボット「GEIO」がクラウドファンディングサイトKickstarterに登場しています。

 「GEIO」は四つ脚にタイヤが付いたビジュアルの小型ロボットで、内蔵カメラの映像を接続したスマートフォンで見ることができます。移動などの操作もスマートフォンの画面をスワイプすることで行い、まるでスマホゲームを遊ぶかのようにGEIOを操れます。


GEIO FPS バトル ロボット 対戦 クラウドファンディング バトルロボット「GEIO」

 人工知能による認識システムで敵のロボットなどを識別。さらに自動で標的を追跡する機能(自動ターゲティング)なども搭載し、動きながらの攻撃もやりやすくなっているとのこと。他にもいろいろな絵柄付きのボックス「トーテム」をスキャンすることで武器を獲得したりと、遊び方の幅を広げることも可能です。


GEIO FPS バトル ロボット 対戦 クラウドファンディング FPSゲームをプレイする感覚で遊べる

GEIO FPS バトル ロボット 対戦 クラウドファンディング 移動や攻撃などの操作はすべてスマートフォンで

 360度全方向に移動ができ、速度は秒速2メートルほど。ロボットのステータスはスマートフォンの画面にアイコンやゲージなどで表示され、ゲームモードの選択も画面から切り替えられます。

 遊び方として、チーム戦でのバトルや隠したトーテムを探す宝探しに、妨害ありのレースゲームなどのモードが用意されています。


GEIO FPS バトル ロボット 対戦 クラウドファンディング ロボットのパワーや弾数などを表示

GEIO FPS バトル ロボット 対戦 クラウドファンディング スキャンできる「トーテム」

 GEIOはすでに目標金額の3万ドルの2倍以上の資金を集めてゴール達成。1体109ドル(約1万2000円)から手に入れることができ、種類は機体カラーがブルーとレッドの2種。対戦が可能になる2体セットは209ドル(約2万3000円)です。


GEIO FPS バトル ロボット 対戦 クラウドファンディング いつもの部屋で対戦の場に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン