ニュース
» 2017年11月17日 20時00分 公開

ありがとう三江線……記念の「江津−三次駅間 35駅入場券セット」12月10日発売

1つは使用、もう1つは保存用、残り1つは布教用。あ、もう使えないかもと思うと、あれれ涙腺が……。

[岩城俊介,ねとらぼ]

 西日本旅客鉄道(JR西日本)米子支社が、2018年3月31日で運行を終了するJR三江線の記念きっぷ「ありがとう三江線記念入場券セット」を12月10日から販売を開始します。

photo ありがとう三江線記念入場券セット(台紙イメージ)

 JR三江線は、島根県江津市の江津駅から広島県三次市の三次駅を江の川に沿って結ぶ路線距離約108キロの路線。2015年に全通40周年を記念した公募によって「江の川鉄道」の愛称でも親しまれています。2016年9月、JR西日本は「利用者の減少と地域ニーズに合わない」ことを理由に路線の廃止を決定しました(関連記事)

 ありがとう三江線記念入場券セットは、三江線35駅の入場券(硬券B型)35枚を台紙付きで販売する記念きっぷです。価格は1セット4900円(税込)で8000部限定。販売は、12月10日からJR江津駅、JR浜田駅、JR三木駅のみどりの窓口にて(1人当たり10セットまで)。完売時点で販売終了となるそうです。利用可能期間は、当たり前ですが2018年3月31日までとなります。

 三江線は、昭和後期に海水浴客向けの快速列車「波子ビーチ」が、1992年には臨時快速としてC56型蒸気機関車による「SL江の川」が運行されたこともありました。

 また、三江線の中ほどにある宇都井(うづい)駅(島根県邑智郡邑南町)は、無人駅ながらホームと待合室が地上から20メートルの高さにある珍しい仕様と、駅を利用するおばあちゃんによる「感動の駅ノート」があることで知られ、テレビ番組などでも「天空の駅」などしてたびたび取り上げられる名所です。高くそびえる橋脚のような階段棟にエレベーターやエスカレーターなどはなく、116段の階段を上ってようやくホームにたどり着きます。この魅力ある駅を利用できるのもあとわずかです。

photo 「天空の駅」などとも言われる宇都井駅
JR西日本三江線 宇都井駅の全体像” by Mitsuki-2368 is licensed under CC BY-SA 3.0

 しかし、1つ朗報もあります。仮想空間(VR)上に原寸大の鉄道を再現する「VR鉄道建設プロジェクト」(関連記事)で、20万円の支援である「希望の駅を3Dモデルで制作」が入ったことから、宇都井駅が制作されるようです。実現に期待です。

photo VR鉄道建設プロジェクト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」