ニュース
» 2017年11月18日 10時00分 公開

その迫力に圧倒される! ロンドン自然史博物館主催・自然写真コンテストの受賞作品が発表

人間なんてちっぽけな存在なんだなぁ。

[k村,ねとらぼ]

 英ロンドン自然史博物館が主催する、自然写真コンテスト「Wildlife Photographer of the Year 2017」(関連記事)の受賞作品が発表されました。

 50年以上の歴史を持つ同コンテスト。今回も全世界92カ国から、プロ・アマチュア問わず約5万件の応募があったとのこと。最優秀賞には、フォトジャーナリストであるBrent Stirton氏の作品「Memorial to a species」が選ばれました。これは、ツノの国際的な違法取引によって絶滅の危機にひんしているクロサイが、密猟によって命を落とした場面を撮影した作品です。


ALT ツノの密猟によって命を落としたクロサイ「Memorial to a species」(C)Brent Stirton / Wildlife Photographer of the Year

 受賞作品にはこの他、リラックスした表情を見せるニシローランドゴリラや、若干5歳半の少女によって撮影された躍動感あふれるカモメ、タカアシガニの大群など、野生動物や自然が見せる生きる姿や、一瞬の表情を捉えた写真の数々が並びます。


ALT リラックスした様子のニシローランドゴリラ「The good life」(C) Daniel Nelson / Wildlife Photographer of the Year

ALT 今にも飛びかかりそうなセグロカモメ「In the grip of the gulls」(C)Ekaterina Bee / Wildlife Photographer of the Year

ALT 雪にはまってしまったアカギツネ「Stuck in」(C)Ashleigh Scully / Wildlife Photographer of the Year

ALT 物思いにふけっている様子のチンパンジー「Contemplation」(C)Peter Delaney / Wildlife Photographer of the Year

ALT タカアシガニの大群「Crab surprise」(C)Justin Gilligan / Wildlife Photographer of the Year

ALT ヤブツカツクリ「The incubator bird」(C)Gerry Pearce / Wildlife Photographer of the Year

ALT 世界最大のウミガメ、オサガメ「The ancient ritual」(C)Brian Skerry / Wildlife Photographer of the Year

ALT マッコウクジラの大群「Giant gathering」(C)Tony Wu / Wildlife Photographer of the Year

ALT 巨大な棚氷「The ice monster」(C)Laurent Ballesta / Wildlife Photographer of the Year

ALT 光るアリ塚「The night raider」(C)Marcio Cabral / Wildlife Photographer of the Year

ALT シロクマたち「Polar pas de deux」(C)Eilo Elvinger / Wildlife Photographer of the Year

ALT 生命のタペストリー「Tapestry of life」(C)Dorin Bofan / Wildlife Photographer of the Year

ALT クラゲを捕食するロブスターの幼生「The jellyfish jockey」(C)Anthony Berberian / Wildlife Photographer of the Year
ALT パーム油産業の生き残り「Palm-oil survivors」(C)Aaron ‘Bertie’ Gekoski / Wildlife Photographer of the Year

 受賞作品は、惜しくも受賞を逃したファイナリストの作品と共に「Wildlife Photographer of the Year」の公式サイト内ギャラリーで閲覧が可能となっています。自然や動物との関係をいま一度考えさせられる作品の数々を、じっくりとご覧になってみてはいかがでしょう。

Wildlife Photographer of the Year is developed and produced by the Natural History Museum, London


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙