ニュース
» 2017年11月18日 15時03分 公開

クラタスと戦った米ロボットチーム、世界初の「巨大ロボット・トーナメント」開催を目指す

日本のクラタスと戦ったMegaBotsチームが企画を再び立ち上げました。

[宮原れい,ねとらぼ]

 日本の水道橋重工の搭乗型ロボット「クラタス」と10月に戦った米国のロボット制作チームMegaBotsが、世界初となる巨大ロボットトーナメントの開催に向け、クラウドファンディングサイトKickstarterにて支援を募っています(関連記事)。


巨大ロボ トーナメント 大会 MegaBots クラウドファンディング 巨大ロボット同士のバトル大会プロジェクト始動です

 クラタスとの対決後、世界各地のロボットチームが参戦の声を上げているとして、巨大ロボット同士で戦う大会の開催を企画。中国、韓国、カナダ、オーストラリア、そして日本とアメリカから20を超えるチームが参加する可能性があるとのことです。

 なおこれらのチームは大会の詳細が出た後に参加を決める予定で、1回のライブイベントに多くのチームが参戦することになった場合は対戦カードを決めるシステムを導入するとしています。


巨大ロボ トーナメント 大会 MegaBots クラウドファンディング MegaBotsチーム

巨大ロボ トーナメント 大会 MegaBots クラウドファンディング 中国のロボットチーム

巨大ロボ トーナメント 大会 MegaBots クラウドファンディング さまざまなロボットが参戦予定

 集めた資金は巨大ロボットトーナメントの開催に必要となるライブイベント専門の製作チームの立ち上げに使用。またクラウドファンディングを行うことで、大会の視聴者とファンを増やしたいと説明しています。

 同プロジェクトが成功した場合、MegaBotsの巨大ロボット「IRON GLORY(MK2)」をオープンソース化。さらにより多く資金が集まった場合には他にもロボットに関する情報を公開する予定で、巨大ロボット大会への参戦・開発を援助する計画も。


巨大ロボ トーナメント 大会 MegaBots クラウドファンディング MegaBots開発の舞台裏を描いた漫画

巨大ロボ トーナメント 大会 MegaBots クラウドファンディング ワッペン等のオリジナルのグッズを用意

巨大ロボ トーナメント 大会 MegaBots クラウドファンディング 「IRON GLORY(MK2)」のオープンソース化でロボット開発に参加しやすくする狙い

 目標金額は約1億円で、支援は5ドル(約500円)から受け付けています。10ドル以上では同チームのステッカーなどのグッズがリターンとして用意され、20ドル以上ではオリジナルの漫画も。なお15ドル以上からは、大会のルールを決める際の投票権が与えられます。


巨大ロボ トーナメント 大会 MegaBots クラウドファンディング SFのようなロボットトーナメントは実現するのか……?

10月のロボット対決

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる