ニュース
» 2017年11月20日 13時00分 公開

最高時速400キロ超!? “超速”に進化したEVスポーツカー「第2世代Tesla Roadster」が登場、お値段は?(1/2 ページ)

4人乗りだから家族で乗れますよ(写真17点)。

[岩城俊介,ねとらぼ]

 EV(電気自動車)メーカーのテスラは11月16日(現地時間)、スポーツカー型EV「第2世代 Tesla Roadster」を発表しました。

photo 第2世代Tesla Roadster

 Tesla Roadsterは、2008年3月に1号機の市販が開始された2シーターオープンカー型のEV。テスラがリリースした初期のモデルとして知られています。このTesla Roadsterがさらに高い性能を備えて刷新されます。同社が発表した、高速道路走行時で約800キロ走れるという自動走行対応EVトレーラーの新型車「Tesla Semi」の“積み荷”としてサプライズ公開されました。

 2020年に出荷開始予定というこの第2世代Tesla Roadsterは、停止−時速60マイル(時速約96キロ)加速が1.9秒、最高速は時速250マイル(時速約400キロ)越え、最大で620マイル(約1000キロ)走行できる航続距離を実現します。ちなみに4分の1マイル加速時間、日本におけるゼロヨンタイムは8.8秒とのこと。ガッツリとチューングされた市販車ベースのドラッグレースカーと同等クラスのタイムを実現するということで、いかに超絶な加速性能があるかを想像できます。

photo Tesla Roadster(リア)

 ボディは2ドア4座の4人乗り。初代Tesla Roadsterと異なり、天井のガラストップを着脱できるエアロトップ仕様です。近年のウン億円クラスのスーパーカーに比べると過度な演出を控えたスマートなスポーツカーデザインですが、そこがいいと思う人は多そうです。派手ではないからといって甘く見ると痛い目に遭いそうです。

 価格は、基本仕様で20万ドル(約2240万円)から。加えて、5万ドル(約560万円)の予約手付金が必要です。また、特別仕様版と思われる1000台限定の「Founders Series」も用意されます。Founders Seriesは25万ドル(約2800万円/全額の事前入金が必要)です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる