ニュース
» 2017年11月22日 16時45分 公開

写真のごとくリアルな「ボルトとナットの鉛筆画」がついに完成 約280時間かけて成し遂げた作者に話を聞いた

ネットで話題になってから展示の話があったとのこと。いつか実物を見られるかも。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「鉛筆画なのに写真に見えるほどリアル」とTwitterで話題を呼んだ「ボルトとナットの絵」が、ついに完成しました関連記事)。未完成の時点でも尋常でないクオリティを見せていた作品が、さらに引き締まった仕上がりに。金属の質感やら水滴やら、いったいどうやってるの……。


鉛筆画 静物画なのに、なぜか「生」を感じる

 約280時間に渡る制作をやり遂げた大森浩平さん(@kohei6620)に、編集部はくわしい話を聞いてみました。幼いころから絵を描くのが好きで、お兄さんの絵に負けたくないと努力してきたと語る大森さん。ほかのことが苦手な自分の生かせる能力はこれしかないと思い、5年ほど前から現在の手法を始めたとのことです。


ネジ山 拡大すると、浮いた水滴やネジ山などの描き込みに圧倒される

ナット モデルのピントがぼけた部分の再現も秀逸

 最初はネット上の画像をそのまま忠実に描いていましたが、模写とはいえオリジナルの作品が描きたいと思い立ち、ボルトとナットを買って撮影しモデルに。1日に2〜3時間、休みをはさみつつ5カ月かけて完成させたそうです。これだけ精密な作品になると、求められる集中力も並大抵ではなさそうです。

 制作途中にお姉さんがTwitterで紹介したことで、作品は完成前からテレビで紹介されるなど大きな反響を呼びました。今では企業からの制作依頼や展示の提案なども寄せられているとのことです。大森さんは制作依頼と自分の描きたいものを両立させながら、自分のペースで描き続けるとコメント。作品の実物がお披露目される日も、そう遠くないかもしれません。

画像提供:大森浩平さん(@kohei6620

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」