ニュース
» 2017年11月24日 16時20分 公開

漫画『ワンパンマン』にアニメーションが追加 村田雄介の原画にアニメ版総作画監督が協力

かっこいい!

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 となりのヤングジャンプでWeb連載中の『ワンパンマン』第26話にアニメーションシーンが追加され話題を呼んでいます。

漫画『ワンパンマン』にアニメーションが追加 村田雄介の原画にアニメ版総作画監督が協力 まさかのアニメーションページ(画像はとなりのヤングジャンプより

 ONEさん原作、村田雄介さん作画の人気バトル漫画。今回アニメーションが追加されたのは、ヒーローのジェノスが落下する隕石を破壊し損ねた絶体絶命のシーン。途中まで通常通りの漫画として読めるのですが、該当ページになると突然絵が動きだすという驚きの仕様になっています。

 アニメーションを担当したのは、アニメ「ワンパンマン」でキャラクターデザイン・総作画監督を担当した久保田誓さん。久保田さんは村田さんの原画を元に、動きや彩色、撮影(特殊効果)などの作業を担当したとのこと。村田さんからは漫画で使用されているGペンの質感という希望でしたが、久保田さんはそれを鉛筆で見事に再現。彩色以降はCLIP STUDIOとAfter Effectsを使用しているとのことです。Twitter上では村田さんと久保田さんがそれぞれ制作にあたっての画素材や、画材などについて画像付きで解説ツイートを投稿しています。


 もともと同話数の前後は通常の話数と異なり、オールカラーでアニメ風な演出を取り入れた特徴的なものだったこともあり、漫画の絵を動かすというWeb掲載ならではの試みとも相性抜群。ジェノスの顔が腕の金属に反射し、映り込んでいるところまできちんと動いて見える芸の細かさも圧巻です。

 連載は現時点で第124話まで進んでおり、なぜピンポイントに第26話にアニメーションが追加されたかは不明。機会があれば、今後も他話数の見せ場シーンが動くのを見てみたいものです。なお、次回更新予定の第125話は大ボリュームの137ページとなる予定。掲載次期は公式サイトなどで告知予定としています。

漫画『ワンパンマン』にアニメーションが追加 村田雄介の原画にアニメ版総作画監督が協力 次回掲載の第125話は137ページを予定

(C)ONE・村田雄介/集英社




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」