ニュース
» 2017年11月29日 17時30分 公開

『小悪魔ageha』分裂騒動で『ageha』側が声明発表 ライセンス契約更新できず「誌名を変えて続けていくことを決定」

『小悪魔ageha』の権利元から出版停止の申し入れを受けていました。

[池谷勇人,ねとらぼ]

 雑誌『小悪魔ageha』を巡る分裂騒動で、雑誌『ageha』を出版するダナリーデラックスは11月28日、サイトで誌名変更の経緯や『小悪魔ageha』との関係について声明文を発表しました


小悪魔ageha分裂騒動 雑誌「ageha」「小悪魔ageha」騒動について(ダナリーグループ公式サイト

 『小悪魔ageha』の出版権を巡っては、現在のライセンス管理会社P-POPが、ダナリーに対し『ageha』の出版差し止めを申し入れるなど権利紛争に発展しています。12月にはVENUSから『小悪魔ageha』が“再復刊”されることもあり(こちらはP-POPからライセンスを受けた正式なもの)、読者からは「どっちが本当の『小悪魔ageha』なの?」と混乱する声もあがっていました(関連記事)。



 声明によれば、ダナリーはこれまで、P-POPと3年間のライセンス使用許諾契約を結び、2015年から2017年にかけ『小悪魔ageha』を復刊・発行。しかし「今後の方向性や、ライセンスを別の会社に売却するなどの理由」により、P-POP側から契約更新を拒絶されてしまったといいます。そこでモデルたちに経緯を説明し、相談した結果、今後は「雑誌のタイトルを変更し発売を続けていく」ことを決定。『ageha』という誌名を決めたのは専属モデルたちで、「参加できなかった1人を除きみんなで決めて始まった」としています(なお、P-POP側の説明によれば、契約を更新しなかった理由は「ダナリー側に数々の不信行為があったため」)。


小悪魔ageha分裂騒動小悪魔ageha分裂騒動 ダナリーが2015年に復刊した『小悪魔ageha Vol.1』と、休刊号となった『小悪魔ageha 2017年10月号』(Amazon.co.jpより)

 また『小悪魔ageha』と『ageha』の関係については、当初誌面では「『小悪魔ageha』は今月号を最後に誌名を『ageha』に変え、新しく生まれ変わります」などと告知していましたが、声明では「同じ雑誌ではありませんし関係はございません」と関係性を否定。ダナリーの『小悪魔ageha』は2017年9月で休刊しており、現在発行されている『ageha』はまったく別の雑誌であることを強調しました。一連の騒動に対しては「心無い言葉、責任感のない行動、事実と違う言葉で、混乱を招くやり方は、雑誌社、編集者として大変遺憾」ともコメントしています。


小悪魔ageha分裂騒動 その後創刊された『ageha』第1号(Amazon.co.jpより

小悪魔ageha分裂騒動 「関係はございません」としつつも、休刊にあたり「『小悪魔ageha』は今月号を最後に誌名を『ageha』に変え、新しく生まれ変わります」と説明していたことも混乱を招く一因となっていました(小悪魔ageha 2017年10月号より)

 声明文では読者やモデルに対し、「混乱させ、振り回してしまったことは事実ですので、本当に申し訳ないと思っております」「読者の皆様に混乱を与えてしまったことを深くお詫び申し上げます」と謝罪。また新たに復刊される『小悪魔ageha』に対しては、「約2年6ヶ月、皆様へお届けしてきた雑誌とは編集部が違うため、内容も違うものになるかもしれませんが、新小悪魔ageha編集部が愛情をもって引き継いでいってくれると思います」とエールを送りました。

 『小悪魔ageha』は2006年にインフォレストが創刊。最盛期には40万部を発行し「ギャルのバイブル」として一時代を築きましたが、2014年にインフォレストの倒産に伴い休刊。その後P-POPがライセンスを引き継ぎ、2015年にはダナリーから復刊。さらに2017年12月14日にはVENUSから“再復刊”されることも発表され、読者の間に混乱が広がっていました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/09/news176.jpg ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  2. /nl/articles/2208/10/news118.jpg 堂々としすぎ! 浜崎あゆみ、大阪市街を普通にランニング ファンと出くわし「暑さでとんでもない顔してたと思います」
  3. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  4. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  5. /nl/articles/2208/09/news033.jpg 大型犬の大好きなぬいぐるみを洗濯→心配そうに見守っていたが…… 再会したときのとびきりの笑顔にグッと来る 【米】
  6. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  7. /nl/articles/2208/10/news017.jpg 柴犬姉妹の“あご乗せ”3連チャン! 顔をぎゅうっとくっつけるかわいさに「ずっと見ていたい」「癒やされる」の声
  8. /nl/articles/2208/03/news169.jpg 「『リケジョ』って呼ぶのはやめてください」 高校生4人が性差別の改善を訴える動画制作 ジェンダーに関心を持った理由を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  10. /nl/articles/2208/09/news026.jpg 子猫の様子がおかしい→動物病院へ行こうと思ったら…… 子猫ならではの結末に「成長している証」「スッキリしたね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい