ニュース
» 2017年12月01日 10時00分 公開

美しい…切るごとに絵柄が移り変わる羊羹が芸術的 福島の老舗菓子店の技とアイディアに感嘆の声集まる

外国の方にも人気。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 切るごとに出てくる絵柄が変化する羊羹が芸術的と話題になっています。1本の羊羹を切るたびに、三日月の夜にたたずんでいた鳥が、満月に向かって羽ばたく絵柄に変わっていきます。

羊羹の写真 Fly Me to The Moon 羊羹ファンタジア

 話題となっているのは、1848年創業の菓子店本家長門屋が製造する「Fly Me to The Moon 羊羹ファンタジア」。この商品を作った経緯を聞いたところ、羊羹をあまり食べなくなった若い人に気軽に手にとって欲しいと思い作ったとのこと。そもそも羊羹は切り分けて、コミュニケーションをとりながら、みんなで食べる楽しみがあるお菓子。その切り分ける楽しみを存分に味わえる商品を作りたかったそうです。

 2017年4月1日に発売し、その後はグッドデザイン賞を受賞するなど評判も上々。ネットでも時々話題となっています。ネットで話題となることで、海外からの問い合わせが来るようになり、英語での問い合わせに対応したり、旅行中のホテルに直接届けたりすることも。世界中と共感できることがインターネットならではと感じていて、それがとてもうれしいそうです。

紅茶と商品 外国人にも人気の美しさ

 この羊羹は切り分けたごとに絵柄が変化するほか、味も変化するそうです。例えば月はレモン羊羹でできていて切る場所で大きさが変わっていきます。通常の羊羹はどこを切っても同じ味ですが、この羊羹はレモンを始め、6種類の味があるので、フォークを入れる場所によって変わる味の変化が楽しめるそうです。

6種類の味わい 中身はレモン羊羹、小豆羊羹、シャンパンBRUT錦玉羹など

 パッケージは福島県浪江町出身の日本画家、舛田玲香さんのデザイン。福島県浪江町は海沿いの町で、原発事故により今でも多くの人が避難を余儀なくされている地域。ふるさとの良さを伝えたいという気持ちで特別に描き下ろしたものだそうです。販売価格は3500円(税込み)、同社オンラインショップからも申し込みできます。

パッケージの写真 日本画家 舛田玲香さん描き下ろしのパッケージ

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた