ニュース
» 2017年12月04日 08時00分 公開

猫の本だけずらりと1000冊 茨城県日立市の「ねこ本カフェ」が支援を募集中

どんな本があるのかニャ。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 茨城県日立市に「ねこ本カフェ」を作るプロジェクトがクラウドファンディングサイトReadyforに登場しました。

ねこ本カフェ ねこ本カフェのオープンを目指しています

 支援を呼び掛けているのは猫雑貨店「ねこりん」のオーナー・林崎絵梨さん。体調を崩した時期に愛猫を手放した経験があり、猫への罪滅ぼしの気持ちを込めて猫愛護の啓蒙活動をしています。

 実は茨城県は犬猫の殺処分数が多い土地(2016年はワースト9位)。この事実を知った林崎さんは「少数の人で愛護活動をしているだけでは限界がある。大勢の人に猫の問題を知ってもらうため、猫の本やかわいい雑貨を入り口にしてほしい」という思いで「ねこ本カフェ」のオープンを目指しています。

ねこ本カフェ 以前一緒に暮らしていた猫ちゃん(今は浜松で元気に暮らしているとのこと)
ねこ本カフェ 今一緒に暮らしている猫ちゃんたち

 カフェの場所は茨城県日立市日高町(JR常磐線 小木津駅 西口を出てすぐ)。店内には猫に関する本を1000冊程度用意し、ドリンクやフードのオーダーをすると読書スペースを利用できるシステムです。お店の中に本物の猫ちゃんはいませんが、譲渡情報や啓発資料を提供。委託や手作りの猫雑貨を販売します。

ねこ本カフェ 現在700冊の本が集まっています
ねこ本カフェ 現在改装中です
ねこ本カフェ お店のイメージ

 プロジェクトは12月22日までに目標金額の50万円が集まった場合にのみ成立。集まった資金は改装、じゅう器、備品の購入などに使われます。

 リターンはオリジナルポストカードが送られる1500円のコース、ポストカードに手作り猫チャームがプラスされる3000円のコース、ドリンク券と猫チャームが送られる5000円のコースなど13種類が用意されています。

ねこ本カフェ オリジナルポストカード
ねこ本カフェ 手作り猫チャーム

 林崎さんは「ねこ本カフェ」を「ここに来れば、猫の情報が集まっている」と知られる場所にし、保護猫の譲渡情報が交換されたり、啓発活動の拠点になればいいと思っているとのこと。猫好きオーナーさんの選んだ1000冊、ちょっとのぞいてみたい気がします。

ねこ本カフェ

所在地:茨城県日立市日高町(JR常磐線 小木津駅 西口を出てすぐ)

営業時間(案):火・水・金・土・日曜日 13時〜20時

カフェメニュー:ハンドドリップコーヒー、奥久慈紅茶 各350円他

オープン予定:2018年1月頃


※画像はReadyforのサイトから



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響