ニュース
» 2017年12月06日 11時00分 公開

マンガで解説、「シャーロック・ホームズ」原文の面白さ ワトソンとの見えざる拳の応酬(1/2 ページ)

仲良くけんかする2人。

[寺本あきら,ねとらぼ]

 会話には、表と裏があります。「ウソつけ!」の本当の意味は「ウソをつくな」。「時間があれば行くよ」は「たぶん行かない」。「前向きに検討いたします」は「意見だけ聞きました」。「今後のご活躍をお祈り申し上げます」は「不採用」。

 小説を読む上でも、言葉の表裏は登場人物の心理を理解する上でとても重要です。今回はシャーロック・ホームズ作品「赤毛組合」の冒頭から、ホームズとワトソンの会話に隠された意図をできるだけシンプルに裏読みしていきます。

参考リンク:原文で読むシャーロック・ホームズ - 「赤毛組合」


【過去記事】


ホームズとワトソン、言外の戦い

 赤毛の依頼人と何やら熱心に話し込んでいるホームズ。入り口でノックをしても無視をされ、ワトソンはご立腹です。でもこのホームズの態度がいわゆる「ツンデレ」だったことは、前回指摘した通り(関連記事)。踵を返し退出しようとしたワトソンを、ホームズは腕をつかんで引き止めます。そこでワトソンは「君は手が離せない(忙しそうだ)と思ったんだけど」と、含みを持たせながら返事をします。

シャーロック・ホームズの行間を読む 右の「吹き出し」が表の会話。左が裏読み。ワトソンが「過去形」を使ったのに注意

ワトソン「君は手が離せないと思ったよ」

(I was afraid that you were engaged.)


 気付きましたか? ワトソンはここで「思った(was afraid)」と、過去形を使っていますね。英語の時制は厳密ですので、過去形から裏読みすると、「今は手が離せる」ことになり「じゃあ、これから事件に加わらせてくれるんだな」という、ワトソンの期待が透けて見えるのです。

 残念なことに、新潮社・光文社・ハヤカワ・角川・創元社・河出書房の日本語訳を見ると、どれも過去形のせりふを現在形に翻訳していますので、裏読みできません。しかし、事件に飢えているワトソンと、それを知ってじらすホームズという、キリッとした対立軸がないと、会話の焦点がぼけ、雑談っぽくなってしまいます。

 ワトソンのそんな気の緩みを見逃すホームズではなく、「今、まさに手が離せない状態さ」と、現在形で答えて「おいおい、ワトソン。勝手に過去形を使うな」と、カウンターを打ちます。

シャーロック・ホームズの行間を読む すかさず、突っ込むホームズ

ホームズ「今、まさに手が離せない状態さ」

(So I am. Very much so.)


 「だったら最初から『いいタイミングで来た』なんて言うな!」と普通の人なら怒りそうですが、それでは事件に興味津々だと認めてしまったことになります。グッと我慢して、ワトソンは「じゃあ、隣の部屋で待つこともできるけど」と言います。実質「じ、事件目当てで来たわけじゃないからっ!」です。かわいそうなワトソン。

シャーロック・ホームズの行間を読む 誘ってくれないのでしょげたワトソン

ワトソン「じゃあ、隣の部屋で待つこともできるけど」

(Then I can wait in the next room.)


 それに対してホームズは「君は(待つことなど)できないね」と言います。裏読みは「とぼけるなよ。まあ、そろそろ事件に参加させてやる」です。

シャーロック・ホームズの行間を読む そろそろ降参かな

ホームズ「君は(待つことなど)できないね」

(Not at all)


 直後にホームズは依頼主にワトソンを「ずっと手伝ってもらっているパートナーでヘルパー」だと紹介します。ついさっきまで「忙しそうだから帰る!」「遠慮するなよ、本当はいたいんだろう?」という押し問答の後では説得力がありませんね。しかし、依頼人は疑い深い人物どころか詐欺まがいの事件にまんまと引っ掛かってしまう、人を信じやすいキャラです。うさんくさそうな目でワトソンを一瞥(いちべつ)しますが、そのまま状況を受け入れます。ここでは裏読みにより、人物設定がより分かるようになっているわけです。

シャーロック・ホームズの行間を読む ウソくさい紹介

 紹介の直後、ホームズは「まあ、長椅子にでもかけろや」みたいな、ぶっきらぼうな口調でワトソンに席をすすめます。「ちょっと持ち上げすぎたかな」とでも言いたいんでしょうか。あえて「長椅子」を指示したのは「君はその他大勢だ」ということでしょうかね。

シャーロック・ホームズの行間を読む 態度デカイ

 ワトソンを座らせたホームズは「人を裁く気分のときによくやるように」両手の指先を合わせます。これは、いよいよ戦闘開始! 本格的にワトソンに「言葉のパンチ」を見舞う準備なのです。

シャーロック・ホームズの行間を読む 本気モード
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/21/news063.jpg 北斗晶、長男結婚で嫁・門倉凛と“親子デート”を満喫 「娘が欲しいと思ってた」と念願叶ってウキウキ
  2. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  3. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  4. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  5. /nl/articles/2205/04/news030.jpg 門倉凛、北斗晶の長男との“初夫婦ショット”が超お似合い 「絵になる」「末永くお幸せに」と祝福の声
  6. /nl/articles/2205/21/news005.jpg おやつを前にした柴犬が「ちっちゃくしてください……」と猛アピール 飼い主に全力で甘える様子がかわいい
  7. /nl/articles/2205/20/news134.jpg 壮大なフリだったのかよ……! ピース綾部、ついに明かした5年間の“渡米の真実”に「最初の計画は失敗です」
  8. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  9. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  10. /nl/articles/2205/21/news060.jpg ドーベルマンが行方不明になった飼い主直撃、疑いかける発言 窃盗と判明しYouTuberが謝罪

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声