ニュース
» 2017年12月08日 20時00分 公開

「メーカー純正」のカーシェアサービスが続々登場 ホンダに続き、日産もカーシェアサービス「NISSAN e-シェアモビ」を開始(1/2 ページ)

「新型リーフやノートe-Powerなどの最新車種を用意」その意図は?

[岩城俊介,ねとらぼ]

 日産自動車は12月8日、カーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」を2018年1月15日に開始すると発表しました。

photo NISSAN e-シェアモビには、「新型リーフ」「ノートe-Power」が配備されます

 NISSAN e-シェアモビは、15分単位から車両を借りられるカーシェアリングサービス。自動車メーカー自身が展開する強みとして、車両にはフルEV車「リーフ」やシリーズ式ハイブリッド車「ノート e-Power」を用意し、最新の電動化技術、自動運転技術、自動駐車機能などを備える最新車種を手軽に体感できるようにしたのが特長です。

 利用拠点は2018年1月の約30ステーション(東京、神奈川、静岡、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山など)からスタートし、順次ほかの都道府県にも拡大する計画です。料金体系は既存のカーシェアサービスと大きくは変わりません。入会費不要で、基本料金は15分200円(税込、以下同)から、6時間パック3500円、12時間パック5500円、ナイトパック(24〜6時)2000円、ビジネスナイトパック(17時〜9時)2500円などのプランを用意します。なお、月額基本料(1000円/月)を2018年7月31日まで無料とするキャンペーンも行われます。

photo 「NISSAN e-シェアモビ」のロゴマーク

 会員カードには、運転免許証がそのままIDカードになる仕組みを取り入れました。運転免許証のIC機能を活用してユーザー認証を行うので、サイフを圧迫し、他のICカードと干渉する要因にもなる会員カードを個別に携帯せずに済みます。最近はスマホのIC機能を会員証に用いるサービスが増えていますが、運転免許証は「そもそも運転時に必ず携帯するもの」なのでこの方法も自然です。

 また、ETCカードを「搭載済み」としたのも便利そうな試みです。ETC料金を後払い清算式にすることで、個人のETCカードを用意することなく、そもそもETCカードを持っていない人もETCゲートを利用できるようにしました。既存のカーシェア/レンタカーサービスの車両では、ETC車載器こそ備わりますが、ETCカードは個人所有のものを持参する必要がありました。利用後に「取り忘れてしまう」リスクもあったので、こういった施策はユーザーとして喜ばしいところです。

photo 新型「リーフ」は、フル電気自動車で、運転支援システム「ProPILOT」などの機能を搭載

自動車メーカーが“純正”のカーシェアサービスを推進、なぜ?

 「自動車メーカー自身が展開するカーシェアサービス」としては、今回の日産だけでなく、11月9日にホンダも純正カーシェアサービス「Honda EvreyGo」を開始しています。Honda EvreyGoでは軽自動車の「N-BOX」、エコカー「フィット」、ミニバン「フリード」などの売れ筋車種が用意されています。

photo ホンダのカーシェアサービス「Honda EvreyGo」

 ここに来て、なぜ自動車メーカー“純正”のカーシェアサービスが増えているのでしょうか。共通するのは「自社の最新車両を用意」して「自社自慢の最新機能、最新安全技術を体験・体感できる」ようにしていることです。カーシェアサービスは、「普段は他の交通機関を使うが、週末だけクルマを利用する」といった都市部在住者を中心に利用者を増やしています。「カーシェアで十分と分かったので、これまで所有していたクルマは不要と判断して手放した人」や「本当は手放したくなかったけれど……という人」もいるでしょう。こんな層へ今後「新車を売る」にはかなりの苦労があるはずです。

 そこで打開策になるのは「自社技術、車両への自信」と「そのハードルを越えるほどの新体験」にあるとメーカーは考えました。メーカー純正のサービスは、カーシェアサービスにおけるそもそものレンタルニーズに加えて「最新車種に乗れる、EVや自動運転支援などの最新機能を体感できる」メリットがあります。そしてメーカー側としては、これを販促ツールとしても活用します。これまでの販売店における「興味を持たせて、来店を促し、試乗してもらう」までのフローを、ほぼ何もせずにすっ飛ばせることになります。

 シェアリングサービスは、貸す側の休遊時間と借りる側のニーズをマッチングさせることで機能します。さしずめ今回のようなメーカー純正のサービスは「試乗車の休遊時間」と「新車・新機能のプロモーション」、ユーザーの「クルマが短時間必要」と「新車に乗りたい、新機能を体験したい(=クルマをまた所有したい)」のニーズを掘り起こしてうまくマッチングさせるようなサービスと言えます。同サービスの進展や効果によっては、ほかの自動車メーカーでも参入が進みそうです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙