ニュース
» 2017年12月08日 20時45分 公開

スタジオカラー新Twitter「(株)カラー2号機」爆誕 募集した質問を庵野監督にザクザクぶつける神対応 (2/2)

[福田瑠千代,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

 「シン・エヴァ」に新しい機体は出るのか? という質問に「(ここだけの話出るそうです)」と回答するなど、相当自由な運用。


 さらに「ヱヴァQ」の劇場公開時よりファンの間で議論の対象になっていた「『ヱヴァQ』はなぜシネマスコープ※1なのか?」という質問に対しては、庵野秀明監督に直接確認の上「『ヤマトよ永遠に』のワープディメンション方式採用理由※2の故事に倣い、戦艦向きの画面にしたかったのと、劇場でビスタの予告の後にシネスコ本編が始まる時にスクリーン幕が左右に広がるのがカッコいいなと思ったからです」と回答。

※1シネマスコープ……画面比率2.35:1(≒12:5)という、横長な画面形式。「ヱヴァ序」「ヱヴァ破」は一般的なテレビに近いビスタサイズ1.66:1(≒16:9)だった。アニメをシネマスコープで制作するのは珍しい。また、「シネマスコープ」は商標登録されているため、ヱヴァQでは「カラースコープ」という名称を採用しているとのこと。

※2ワープディメンション方式……1980年に公開された「ヤマトよ永遠に」では、ヤマトの発進シーンで画面サイズが横長に切り替わる演出が採用され、「ワープディメンション方式」と呼称された。庵野監督は無類の「ヤマト」ファンで知られる。


 5年間に渡り地味に謎とされてきたシネスコ採用の理由が(演出上の理由もあったとはいえ)「カッコいいなと思ったから」だったとは、さすがは庵野監督といったところ。そしてそんなファン心理を突いた質問を監督に直接聞いてしまう2号機アカウント、やはり只者ではありません。投稿内容を信用すれば、次作の「シン・エヴァ」は絶賛制作中。今後の情報発信に注目です。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる