ニュース
» 2017年12月09日 12時30分 公開

宇多田ヒカルの全アルバム&シングル、定額制音楽配信で解禁 国内音楽市場で大きな契機となるか

Apple MusicやLINE MUSICなど9つの配信サービスで、宇多田ヒカルさんのほとんどの音源が一挙配信開始。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 12月8日にApple Musicなど主要サブスクリプション(定額制聴き放題)配信サービスにおいて、歌手・宇多田ヒカルさんの全アルバム・シングルの一挙配信がスタートした。10月に一挙配信を開始したDREAMS COME TRUEに続く“国内人気アーティストのサブスク全解禁”となり、今後の日本の音楽市場に与える影響も大きそうだ。

宇多田ヒカル サブスクリプション 宇多田ヒカルさんの楽曲一挙配信を告知する「LINE MUSIC」

 配信がスタートしたのは、アルバムは1993年のデビュー作「First Love」から2016年発売の最新作「Fantome」まで全て。ベストアルバム「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION」の「VOL.1」「VOL.2」2枚も含まれている。他にも全シングル、さらにはデジタル音源も2017年1月にリリースされた「光 -Ray Of Hope MIX-」(Remixed by PUNPEE)までが網羅されている。

※「Fantome」の「o」はサーカムフレックス付きが正式表記

宇多田ヒカル サブスクリプション宇多田ヒカル サブスクリプション 台湾、中国、日本で人気を誇る「KKBOX」の、宇多田ヒカルさん配信楽曲一覧。活動を再開してからの楽曲や、懐かしい名曲のタイトルが並ぶ

 開始したサブスクリプション(以下、サブスク)配信サービスは9つで、Apple MusicGoogle Play MusicAmazon AMULINE MUSICKKBOXdTVdヒッツレコチョクBestうたパス。2016年9月に日本でもサービスが始まった世界最大シェアを占めるSpotifyでも、2018年1月8日から配信開始される。

 アメリカの音楽市場は2016年に約77億ドル(8700億円)と前年から11.4%増しとなっており(全米レコード協会発表)、うちサブスク配信サービスは6割以上を占めるなど市場の主流となっている。若手のみならずビートルズといった多くのレジェンドの代表作も大抵は配信されており、違法アップロードされた音源を無料視聴していたようなデジタル世代を、“音源にお金を払う環境”に取り込むことに成功。市場はV字回復の転換期を迎えている。

 一方で日本の音楽産業の主軸はまだCD。年々増えてきているとはいえ、サブスク配信サービスにおいて人気アーティストの音源はまだあまり解禁されていない。未配信の例を挙げると、サザン・オールスターズ、松任谷由実さん、安室奈美恵さん、Perfumeなど。宇多田ヒカルさんと同じく1998年にデビューした椎名林檎さんは、近年の発表曲が配信されている程度。aikoさんは全て未解禁となっている。

 日本のデジタル世代を“音源にお金を払う環境”に取り込むにあたって、これら人気アーティストの音源解禁は大きなカギとなっていた。この流れの中で10月1日にDREAMS COME TRUEが全シングル、アルバムを解禁したことは大きく注目を集めた。

宇多田ヒカル サブスクリプション 最新アルバム「Fantome」

 宇多田ヒカルさんの2016年のアルバム「Fantome」は、通常盤のみ特典なしという形態でありながら、発売から4カ月でCDとデジタルの総売り上げが100万枚を突破。握手券やイベント抽選券がなくとも、現代の日本で音源が売れることを証明した。音楽業界にとってはCD市場にまだまだ未来があることを感じさせるトピックだったはずだ。

 そんな宇多田ヒカルさんがサブスク配信サービスで一挙配信に踏み切ったのは、他の国内人気アーティストにも配信開始を促す大きな契機となりうる。

宇多田ヒカル サブスクリプション (KKBOXより)

 現在は2018年発売を目指して7枚目のオリジナルアルバムを制作中で、2010年以降はほぼなかったライブ活動についても、12年ぶりとなるコンサートツアーが準備中だという。サブスク配信サービスで新たなファンを獲得し、ライブでより大きな集客をあげる、デジタル時代の主流となりつつある活動形態を、彼女が見せる日も近いのかもしれない。今回の一挙配信は多くの利用者に歓迎される一方で、国内音楽市場にどのような影響をもたらしていくのか、その行方も見守りたいところだ。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響