ニュース
» 2017年12月09日 12時30分 公開

宇多田ヒカルの全アルバム&シングル、定額制音楽配信で解禁 国内音楽市場で大きな契機となるか

Apple MusicやLINE MUSICなど9つの配信サービスで、宇多田ヒカルさんのほとんどの音源が一挙配信開始。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 12月8日にApple Musicなど主要サブスクリプション(定額制聴き放題)配信サービスにおいて、歌手・宇多田ヒカルさんの全アルバム・シングルの一挙配信がスタートした。10月に一挙配信を開始したDREAMS COME TRUEに続く“国内人気アーティストのサブスク全解禁”となり、今後の日本の音楽市場に与える影響も大きそうだ。

宇多田ヒカル サブスクリプション 宇多田ヒカルさんの楽曲一挙配信を告知する「LINE MUSIC」

 配信がスタートしたのは、アルバムは1993年のデビュー作「First Love」から2016年発売の最新作「Fantome」まで全て。ベストアルバム「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION」の「VOL.1」「VOL.2」2枚も含まれている。他にも全シングル、さらにはデジタル音源も2017年1月にリリースされた「光 -Ray Of Hope MIX-」(Remixed by PUNPEE)までが網羅されている。

※「Fantome」の「o」はサーカムフレックス付きが正式表記

宇多田ヒカル サブスクリプション宇多田ヒカル サブスクリプション 台湾、中国、日本で人気を誇る「KKBOX」の、宇多田ヒカルさん配信楽曲一覧。活動を再開してからの楽曲や、懐かしい名曲のタイトルが並ぶ

 開始したサブスクリプション(以下、サブスク)配信サービスは9つで、Apple MusicGoogle Play MusicAmazon AMULINE MUSICKKBOXdTVdヒッツレコチョクBestうたパス。2016年9月に日本でもサービスが始まった世界最大シェアを占めるSpotifyでも、2018年1月8日から配信開始される。

 アメリカの音楽市場は2016年に約77億ドル(8700億円)と前年から11.4%増しとなっており(全米レコード協会発表)、うちサブスク配信サービスは6割以上を占めるなど市場の主流となっている。若手のみならずビートルズといった多くのレジェンドの代表作も大抵は配信されており、違法アップロードされた音源を無料視聴していたようなデジタル世代を、“音源にお金を払う環境”に取り込むことに成功。市場はV字回復の転換期を迎えている。

 一方で日本の音楽産業の主軸はまだCD。年々増えてきているとはいえ、サブスク配信サービスにおいて人気アーティストの音源はまだあまり解禁されていない。未配信の例を挙げると、サザン・オールスターズ、松任谷由実さん、安室奈美恵さん、Perfumeなど。宇多田ヒカルさんと同じく1998年にデビューした椎名林檎さんは、近年の発表曲が配信されている程度。aikoさんは全て未解禁となっている。

 日本のデジタル世代を“音源にお金を払う環境”に取り込むにあたって、これら人気アーティストの音源解禁は大きなカギとなっていた。この流れの中で10月1日にDREAMS COME TRUEが全シングル、アルバムを解禁したことは大きく注目を集めた。

宇多田ヒカル サブスクリプション 最新アルバム「Fantome」

 宇多田ヒカルさんの2016年のアルバム「Fantome」は、通常盤のみ特典なしという形態でありながら、発売から4カ月でCDとデジタルの総売り上げが100万枚を突破。握手券やイベント抽選券がなくとも、現代の日本で音源が売れることを証明した。音楽業界にとってはCD市場にまだまだ未来があることを感じさせるトピックだったはずだ。

 そんな宇多田ヒカルさんがサブスク配信サービスで一挙配信に踏み切ったのは、他の国内人気アーティストにも配信開始を促す大きな契機となりうる。

宇多田ヒカル サブスクリプション (KKBOXより)

 現在は2018年発売を目指して7枚目のオリジナルアルバムを制作中で、2010年以降はほぼなかったライブ活動についても、12年ぶりとなるコンサートツアーが準備中だという。サブスク配信サービスで新たなファンを獲得し、ライブでより大きな集客をあげる、デジタル時代の主流となりつつある活動形態を、彼女が見せる日も近いのかもしれない。今回の一挙配信は多くの利用者に歓迎される一方で、国内音楽市場にどのような影響をもたらしていくのか、その行方も見守りたいところだ。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/27/news084.jpg 星野さんどこ……? 「どん兵衛」、鬼気迫るどんぎつねさんが“眼鏡”を放り捨てる意味深CMがもう「リアルごちゃ混ぜ」
  2. /nl/articles/2109/26/news028.jpg 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  3. /nl/articles/2109/22/news088.jpg 「生クリームは飲み物」通販が一時中止に 保健所からの指摘受け 製品名も変更
  4. /nl/articles/2109/26/news047.jpg かっぱ寿司で「入店20時間待ち」表示 全皿半額キャンペーンで全国に大混雑、入店困難な状態に
  5. /nl/articles/2109/26/news018.jpg 窓拭きお兄さんの恋を同僚おじさんたちが全力で応援するラブコメ漫画 「転職したい」と反響多数
  6. /nl/articles/2109/26/news027.jpg 「BotW」足跡モードで「ゼルダの伝説」を描く偉業 ガーディアンに襲われながらも“41日間の旅”を完走した作者にインタビュー
  7. /nl/articles/2109/26/news053.jpg 娘がダイソーで買ったニワトリ風船がなんかおかしい…… ナナメ上のビジュアルに「吹いた」「おなか痛いw」
  8. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  9. /nl/articles/2109/27/news028.jpg 夫が3カ月の育休を取ったら、新生児がいても8時間睡眠を確保できた 「シフト制」を取り入れた育休のレポート漫画が参考になる
  10. /nl/articles/2109/27/news060.jpg 徹夜でゲーム! 10時間爆睡! 起きたら夕方! “丁寧な生活”もいいけど「バカの生活」やっぱり気持ちいい! という漫画に共感

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」