ニュース
» 2017年12月11日 21時00分 公開

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーが決定、「ボルボ XC60」が受賞(1/2 ページ)

安全装備、機能性、デザイン、プラグインハイブリッドなどが評価。受賞記念フォトギャラリーも掲載(写真94枚)

[岩城俊介,ねとらぼ]

 日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は12月11日、「2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を発表。本年度はスウェーデンのボルボ「XC60」が受賞しました。

photo 2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤーは、ボルボ「XC60」

 日本カー・オブ・ザ・イヤーは、日本で市販される乗用車から年間を通じて優秀だった車種に贈られる自動車賞。今回の2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤーは、2016年11月1日から2017年10月31日までに発表または発売され、年間500台以上販売された車種が対象。11月のノミネート(約30台)、最終選考に値する10台「10ベスト」を経て、選考委員による最終選考の投票によって年間の最優秀車が決まります。

 2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したボルボ XC60は、合計294点を獲得。60人の選考委員のうち、9人が持ち点最高点の10点を投票しました。「扱いやすい手頃なサイズのボディに現代のSUVに求められる快適性、機能性、運転の楽しさなどの要素を高い次元でバランスさせた。そして、いかにも北欧デザインと感じさせる美しい内外装と、そのクオリティの高さは見事。さらにボルボらしい安全装備の充実ぶりも素晴らしい。また、プラグインハイブリッドを含む豊富なパワートレーンを用意した」(総評から)ことが高い評価につながりました。

photo ボルボ「XC60」
  • 2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー ボルボ「XC60」
  • 2位 BMW「5シリーズセダン/ツーリング」
  • 3位 トヨタ「カムリ」
photo BMW「5シリーズセダン」
photo トヨタ「カムリ」
photo 2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー投票結果

 次点はドイツ BMWの「5シリーズセダン/ツーリング」(242点)で、本年度は外国車が1位、2位を独占。日本車のトップはトヨタ「カムリ」(232点)でした。また、車両技術の先進性を評価するイノベーション部門賞にはトヨタ「プリウスPHV」が、実行委員会特別賞は世界三大レースの1つ「インディ500」で日本人初優勝を飾った「佐藤琢磨選手」に贈られました。

  • イノベーション部門賞 トヨタ「プリウスPHV」
  • エモーショナル部門賞 レクサス「LC」
  • スモールモビリティ部門賞 ホンダ「N-BOX/N-BOXカスタム」
  • 実行委員特別賞 トヨタ「ハイブリッド車の世界累計販売が1000万台突破」、インディアナポリス500マイルレース優勝「佐藤琢磨選手」
photo トヨタ「プリウスPHV」
photo レクサス「LC」
photo ホンダ「N-BOX」
photo 佐藤琢磨選手
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声