ニュース
» 2017年12月11日 22時49分 公開

胸にくるショート漫画「いいこいいこポンポンおじさん」に反響 「涙がとまらない」「癒された」「このおじさんほしい」

心に寄り添ってくれる天使な存在です。

[宮原れい,ねとらぼ]

 大内(MANAMI OUCHI/@MANAMIOUCHI)さんが投稿したショート漫画「いいこいいこポンポンおじさん」 が、Twitterで「涙がとまらない」「癒された」などさまざまな反響を呼んでいます。


※作者の大内さんより、「画像の無断転載・その他使用等一切禁止です。保存した画像をご自分のツイートとしてアップしたり、アイコンやヘッダーへの使用もご遠慮下さい。ご配慮感謝いたします」とのことです。ご協力よろしくおねがいします

 静かなやさしい色の空間の中に、心に何かを抱えた目をした一人の女の子が。そんな彼女を受け止めるようにハグして、「いいこ」「いいこ」と頭をポンポンするのは、背中に小さい羽の生えた“いいこいいこポンポンおじさん”。

 女の子は自分を冷笑するように「今日病院で感じ悪い看護婦に死ねばいいのにとか思ったので悪い奴だよ」と思い切って打ち明けます。すると“いいこいいこポンポンおじさん”は、「そんなこと思いたくなかったよね。いいこいいこ」と言いつつまた頭をポンポン。さらに女の子が「緊張…するとすぐお腹壊して使えない奴で、喋るときどもるし」と辛そうに語ると「それは辛いね。腸もいいこいいこ」とポンポン。


いいこいいこポンポンおじさん 漫画 抱きしめてやさしく話を聞く“いいこいいこポンポンおじさん”(画像提供:@MANAMIOUCHIさん)

 そしてハグされたままどこか遠くを見つめるような表情の女の子に、今度は返すのではなく自分から「今日も一日よく耐えたね」「きみは自分で思うよりずっと頑張っている」と、“いいこいいこ”の言葉に代えて伝える、小さい羽の生えたおじさん。その言葉に涙した女の子は、自分からもハグしながら、その空間で再びポンポンされるのでした。

 じょじょに変わっていく女の子の表情を見ているだけで涙が……。


いいこいいこポンポンおじさん 漫画 これは胸にくる……(画像提供:@MANAMIOUCHIさん)

 辛いことがあったり、それで自分のことが嫌いになったり。その気持ちを心の中に押し殺していた女の子を、やさしく受け止めつつ肯定しポンポンする「いいこいいこポンポンおじさん」ですが、その姿は名前と同じようにふわっとしています。一方で、2人に近づいたコマではしっかりと男性の後ろ姿が描かれ温かさも感じられたりと、さまざまな想像ができる存在として描かれています。

 また天使のような小さい羽が生えていることからもわかるように、“いいこいいこポンポンおじさん”は架空の存在。もしかしたら女の子の心の中にいる存在なのかも? とみるのもよし、自分の理想の"いいこいいこポンポン推しさん"へ脳内変換してみるもよし。人によっていろいろな受け取り方ができる漫画となっています。

 寄せられていたコメントでは他にも「見てるだけで辛い気持ちがなくなりました」「思い当たることがありすぎて、胸に刺さりすぎました…」といった声が上がっており、多くの感謝の声や感動したといった声がみられました。





Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響