ニュース
» 2017年12月13日 17時00分 公開

人身事故で停車した上信電鉄、車内に「仮設トイレ設置」の神対応 都市部の鉄道でも可能?(2/2 ページ)

[岩城俊介,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

駅間停止時、「簡易トイレ」は設置されるのか

 都市部の通勤電車も、日々さまざまな要因で遅延や運転見合わせが発生します。何らかの理由で車両が駅間で停止した場合、ほかの鉄道会社では「仮設トイレ」が設置されることはあるのでしょうか。東西の大手2社に聞きました。

緊急停車時の仮設トイレ設置、「基本的にはない」

 東京地下鉄(東京メトロ)は「設置されることはない」そうです。

 東京メトロは各駅の間隔が近いことから、万が一駅間で数時間停車する事態が発生したとしても「安全を確保しながら、隣の駅までご案内する」対応となります。

 西日本旅客鉄道(JR西日本)も、「基本的にはない」とのことです。

 もちろんトイレのある車両ならば別であり、車外に出て安全を保てるならば「最寄りの駅まで歩いてもらう」対応となります。また、気分が悪くなってしまった乗客には応急的に搬送するケアも行われます。



 上信電鉄によると、当該車両は高崎行きの上り列車で約60人が乗車。今回の仮設トイレは「橋の上という、乗客が車外へ出るには危険すぎる場所だった」ために、消防の機転によって設置された特別措置でした。また、1時間ほどの停止だったことから、この仮設トイレを利用された方はいませんでした。通常は、「今回のような場所でなければ、降車していただき、バスやタクシーなどの代替手段で高崎へ送り届ける」対応になるそうです。

photo 上信電鉄のWebサイト

 今回は稀なケースで「列車に仮設トイレが常備されているわけではない」のですが、乗客を思う上信電鉄および消防の機転と、この事象を詳細に伝えてくれた@yuuyae233さんの神対応にちょっと感動です。世界遺産の富岡製糸場へ行くにはいくつかの路線や手段がありますが、ぜひ上信電鉄を使って行きたいなと思ってしまいました。

 (画像提供:@yuuyae233さん)


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」