ニュース
» 2017年12月17日 17時13分 公開

メスのサルがシカに対して性的な行動、箕面で観察される カナダの大学が研究論文

交尾の練習や性的な欲求不満などの理由を研究者は示唆しています。

[ねとらぼ]

 メスのサルによるシカへの性的なアプローチを観察した研究チームが、研究論文を発表しました。

シカに乗るサル(論文より)

 論文はカナダのレスブリッジ大学の研究者が「Archives of Sexual Behavior」に寄せたもの。日本の箕面(大阪)で若いニホンザルのメスが、ニホンジカに乗って体を押し付けるなど性的な行為を行う様子が複数回観察されたとしています。

 2017年1月にも鹿児島県屋久島でオスザルがメスジカと交尾しようとする行動を観察した論文が発表されました(関連記事)が、こちらは1つの事例の研究でした。レスブリッジ大学の研究は、明治の森箕面国定公園で2つのサルの群れを観察することで行われました(2014年11月〜2015年1月)。

 その結果、サルとシカの間の性的な行動は、繁殖期に若いメスザルで見られたとのこと。マウンティングは258回観察され、成功したケースは12例だったといいます。これらの観察データを、過去のメスザル同士の性行為のデータと比較したところ、持続時間や頻度に優位な差はなく、メスザルのシカへのマウンティングは性的な性質を持つものだとしています。

 メスザルはマウント中にシカに対してかむ、はねる、引っ張るなどし、またシカを見つめて甲高い声で鳴いたり、シカが去ると叫ぶなどかんしゃくのような行動を取ったりといった様子も観察されたそうです。またシカに乗っていたメスザルを別のサルが追い払う場面も見られたとのこと。

 シカの反応はどうかというと、若いオスジカやメスジカはサルとの接触を避けようとした一方、多くの大人のオスジカはじっと立っていたり、えさを食べていたりしていたと研究者。サルがシカのグルーミングをするケースは過去にもあり、大人のシカそういったメリットからサルのマウンティングを受け入れるのではないかと示唆しています。

 研究チームはシカへの性的アプローチの理由について、シカを使って交尾の練習をしている可能性や、未成熟なメスザルは大人のオスザルに拒否されるため欲求不満を解消するためにシカを代わりにしている可能性を指摘しています。また身体の小さな若いメスザルは、安全を求めて攻撃的なオスよりもメスを好む可能性があり、同様の理由で受け身のシカにアプローチしている可能性も示唆。

シカの角を引っ張るサルも

 さらにこうした行動はそれまで箕面では観察されていなかったため、新しい習慣の初期段階かもしれないとも述べていますが、これが一時的な流行なのか文化的現象になるのかを確定するにはさらなる研究が必要としています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/21/news063.jpg 北斗晶、長男結婚で嫁・門倉凛と“親子デート”を満喫 「娘が欲しいと思ってた」と念願叶ってウキウキ
  2. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  3. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  4. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  5. /nl/articles/2205/04/news030.jpg 門倉凛、北斗晶の長男との“初夫婦ショット”が超お似合い 「絵になる」「末永くお幸せに」と祝福の声
  6. /nl/articles/2205/21/news005.jpg おやつを前にした柴犬が「ちっちゃくしてください……」と猛アピール 飼い主に全力で甘える様子がかわいい
  7. /nl/articles/2205/20/news134.jpg 壮大なフリだったのかよ……! ピース綾部、ついに明かした5年間の“渡米の真実”に「最初の計画は失敗です」
  8. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  9. /nl/articles/2205/21/news060.jpg ドーベルマンが行方不明になった飼い主直撃、疑いかける発言 窃盗と判明しYouTuberが謝罪
  10. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声