ニュース
» 2017年12月18日 17時45分 公開

うぉ、意外と安い!? 「電動変形」する折りたたみ電動バイク「Airwheel R6」が登場(1/2 ページ)

「電アシ」だけでなく「自走」も可能な電動ハイブリッドバイク。価格は早期支援価格で9万8800円から。

[岩城俊介,ねとらぼ]

 クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」に、自動伸縮機能を備えた折りたたみ電動ハイブリッドバイク「Airwheel R6」が登場。12月11日から予約販売が始まりました。カラーはホワイトとブラックの2色で、価格は14万8800円(税別、以下同)。12月18日現在、先着40台で9万8800円となる早期支援特典車両が用意されています。

photo Airwheel R6

 Airwheel R6は、14インチホイール仕様の折りたたみ自転車スタイルにモーターとバッテリーを備えた1人乗りの電動ハイブリッドバイク(中国AFU製造)。ボタン操作でスーっと伸び縮みする「電動伸縮機能」の搭載を特長とし、楽にコンパクトに折りたためます。重量は約19.2キロ。容量244.2Whのバッテリーを搭載し、電動バイクモード時で最大40キロ、モペッドモード時で最大100キロ走行できます。バッテリーはAC100Vの家庭用電源を使い、約3時間で満充電できるそうです。また、着脱したバッテリーにはUSBポートも備わり、スマホなどを充電できるモバイルバッテリーとしても機能します。

photo 折りたたみ時に便利な「電動収納機能」を搭載
Airwheel R6(YouTube/AFU)

 動作モードは、普通にペダルをこいで進む「人力自転車モード」、坂道などでアシストする「モペッドモード」、モーターだけで走れる「電動バイクモード」の3モードを選択できるようになっています。モーターの定格出力は230W(36V)。電動バイクモードでは時速27キロで走れるとしています。なお、電動バイクモードがあることから、車両は第1種原動機付自転車に区分されます。国内の公道では人力自転車モードのみで使うとしても、原付1種が乗れる運転免許証とともに、ナンバープレートの取得、自賠責保険の加入、ヘルメットの着用が必要です。製品には、市町村役場でナンバープレートの交付を受けるために必要な書類となる「販売証明書」が付属します。

photo Airwheel R6の主な仕様
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響