ニュース
» 2017年12月20日 18時00分 公開

うぉぉ超ハイテク! “360度視界”を実現するHUD内蔵ヘルメット「CrossHelmet X1」が登場 (1/2)

HUDで360度の視界、ノイキャン機能を搭載した近未来なヘルメットが登場。

[岩城俊介,ねとらぼ]

 プロダクトデザインを手掛けるデザインスタジオ Borderlessが、カメラとHUD(ヘッドアップディスプレイ)を内蔵したハイテクヘルメット「CrossHelmet X1」を開発したと発表しました。2019年の国内販売を目指しています。

photo カメラとHUDを内蔵したハイテクヘルメット「CrossHelmet X1」

 CrossHelmet X1は、ヘルメットの後部に広角カメラ、内部にHUDを備え、振り返らずに後方170度の範囲を視認できる機能を搭載したバイク用の進化型ヘルメット。2017年10月まで行われたクラウドファンディング Kickstarterのプロジェクトで約4454万円の資金を調達し、同社初のプロダクトとして市販化に向けた調整が進められています。後方表示機能に加えて、HUDへのナビゲーションルート表示、走行中の風切り音やロードノイズなどを低減するノイズキャンセリング機能、夜間の視認性を高めるLEDセーフティライト、Bluetoothによるインカム機能やスマートフォン連携機能などを備えます。

 HUDには、左右170度をカバーできる広角カメラによる後方視界とナビゲーションの方向表示/到着時間などを表示可能。ライダーは前方をしっかりと確認しながらも、小さな視線移動で全方位をカバーできるようになります。

photo 半透明のHUD画面によって、振り返らずに後方を確認できる
CrossHelmet X1:使用中の様子

 スマートフォンと連携したノイズキャンセリング的機能「CrossSound Control」の需要も高そうです。CrossSound Controlによって、ライダーの疲労原因となる風切り音、ロードノイズ、エンジンノイズを低減できるほか、無線通話の音声を聞き取りやすく調整することもできます。

 重量は約1780グラム。内蔵バッテリーによって6〜8時間の連続動作が可能です。サイズラインアップは58〜60センチのMediumと、61〜63センチのLarge。安全規格については、DOT、ECE 22.05、JIS規格を満たすとしています。

 価格は約20万円(1799ドル)。2017年12月現在、1499ドル(約17万円)で先行割引販売するリワードを受け付けています。

photo CrossHelmetの主な仕様
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」