ニュース
» 2017年12月20日 18時00分 公開

うぉぉ超ハイテク! “360度視界”を実現するHUD内蔵ヘルメット「CrossHelmet X1」が登場 (1/2)

HUDで360度の視界、ノイキャン機能を搭載した近未来なヘルメットが登場。

[岩城俊介,ねとらぼ]

 プロダクトデザインを手掛けるデザインスタジオ Borderlessが、カメラとHUD(ヘッドアップディスプレイ)を内蔵したハイテクヘルメット「CrossHelmet X1」を開発したと発表しました。2019年の国内販売を目指しています。

photo カメラとHUDを内蔵したハイテクヘルメット「CrossHelmet X1」

 CrossHelmet X1は、ヘルメットの後部に広角カメラ、内部にHUDを備え、振り返らずに後方170度の範囲を視認できる機能を搭載したバイク用の進化型ヘルメット。2017年10月まで行われたクラウドファンディング Kickstarterのプロジェクトで約4454万円の資金を調達し、同社初のプロダクトとして市販化に向けた調整が進められています。後方表示機能に加えて、HUDへのナビゲーションルート表示、走行中の風切り音やロードノイズなどを低減するノイズキャンセリング機能、夜間の視認性を高めるLEDセーフティライト、Bluetoothによるインカム機能やスマートフォン連携機能などを備えます。

 HUDには、左右170度をカバーできる広角カメラによる後方視界とナビゲーションの方向表示/到着時間などを表示可能。ライダーは前方をしっかりと確認しながらも、小さな視線移動で全方位をカバーできるようになります。

photo 半透明のHUD画面によって、振り返らずに後方を確認できる
CrossHelmet X1:使用中の様子

 スマートフォンと連携したノイズキャンセリング的機能「CrossSound Control」の需要も高そうです。CrossSound Controlによって、ライダーの疲労原因となる風切り音、ロードノイズ、エンジンノイズを低減できるほか、無線通話の音声を聞き取りやすく調整することもできます。

 重量は約1780グラム。内蔵バッテリーによって6〜8時間の連続動作が可能です。サイズラインアップは58〜60センチのMediumと、61〜63センチのLarge。安全規格については、DOT、ECE 22.05、JIS規格を満たすとしています。

 価格は約20万円(1799ドル)。2017年12月現在、1499ドル(約17万円)で先行割引販売するリワードを受け付けています。

photo CrossHelmetの主な仕様
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン