ニュース
» 2017年12月22日 11時00分 公開

「リア充特集に疲れた」――おひとりさまのための情報誌『おひとりさま専用Walker』が生まれたワケ(1/2 ページ)

ひとりでの楽しみ方を紹介する『おひとりさま専用Walker』が重版に。その誕生の経緯を取材しました。

[ねとらぼ]

 KADOKAWAから12月4日に発売された、おひとりさま向け情報誌『おひとりさま専用Walker』(関連記事)。ネットでも話題になり、クリスマス直前に重版が決定しました。

おひとりさま専用Walker おひとりさま専用Walker

 ひとりカラオケ、ひとり旅、ひとりディズニーや個サル(個人参加フットサル)などを紹介する巻頭特集「ひとりでしたい100のこと」、さまざまなジャンルのお店を“ひとり率”も合わせて紹介する「ひとりメシ」特集など、1冊まるごとおひとりさま向けのコンテンツを掲載。これまでカップル向けとされてきた情報誌になぜおひとりさま専用が? 担当した東京ウォーカー編集部の中村茉依さんに聞きました。

おひとりさま専用Walker お笑い芸人・バイきんぐの西村瑞樹さんがソロキャンプの極意を教える記事も

 中村さんがおひとりさま専用Walkerを企画した理由は大きく2つ。まずが自身がおひとりさまでありながら、イルミネーションやクリスマスなどを取り扱ったリア充向けの『冬Walker首都圏版』(10月発売)を担当していたこと。「自分の実生活とは真逆の本」を担当することになった中村さんは、夏ごろからリア充な冬の過ごし方を考えながら「じゃあ、ひとりぼっちの私は、一体どうすればいいんだよぉ!」と思っていたとのこと。

 「なんだか、世の中に歓迎されていない気持ちになりました。ひとりぼっちの人は、どこにも行くところがない、楽しむところはないのではないかという気持ちになりました(本当はたくさんあるのに)。長らく続いていた東京ウォーカーの、“誰かと過ごすこと”を前提とした誌面つくりに、どこかで疲れを感じていたんです。だって、花火大会もお花見も、イルミネーションも、隣に誰かいる想定ですよね。私のように、ひとりで過ごす&ひとりの方が気楽でいいと思っている人は多いハズなのに……」(中村さん)

 そこで冬Walkerに、あえて「ひとりで冬を過ごす人に向けた冊子」を付録で付けたいと上司にプレゼン。付録企画は通らなかったものの、その熱意から「YOU、その付録の企画で1冊作っちゃいなよ」と採用されることになりました。

おひとりさま専用Walker ヒロシさんがクリぼっちならではのクリスマスの過ごし方も教えてくれる企画も
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む