ニュース
» 2017年12月24日 11時00分 公開

絵本なのに文字しかない 子どもが爆笑する『えがないえほん』、その秘密は(1/2 ページ)

発売から約3週間で10万部を突破した人気の絵本『えがないえほん』。子どもたちが爆笑する秘密は?

[ねとらぼ]

 絵本なのに、載っているのは文字だけ――そんな一風変わった『えがないえほん』(早川書房)が、発売から約3週間で10万部を突破するほどの人気を集めています。

えがないえほん えがないえほん

 同作は米国のベストセラー『The Book With No Pictures』(B・J・ノヴァク)を大友剛さんが翻訳したもの。本文には「ぶりぶりぶ〜!」「あわわわわわわわ」「しかも ぼくの あたまの なかみは なっとうのみそしる」など文字が書かれているのみです。

えがないえほん 絵本なのに絵がない

 この本には「書かれている言葉を、声に出して読むこと」というルールがあり、子どもに読み聞かせるものとなっています。大友さんによる読み聞かせの動画も公開されており、「子どもが絶対にわらう絵本」といううたい文句の通りに、子どもたちが爆笑している様子が見られます。

子どもたちが爆笑する読み聞かせの様子

 この風変わりな絵本を出版したいきさつや、子どもが爆笑する秘密を、訳者の大友さんに聞きました。

えがないえほん 訳者の大友剛さん (C)相澤心也

―― どういった経緯で『The Book With No Pictures』の訳書を出版したのでしょうか

大友さん 2013年から私が翻訳している『ねこのピート』シリーズ(ひさかたチャイルド)という絵本があります。それは歌と掛け合いで楽しめるとして米国でベストセラーになった絵本です。

 『えがないえほん』も“掛け合い”が重要な要素です。なので経験のある私に声をかけていただいたのだと思います。出版社の方から作者ノヴァクさん本人が読み聞かせしている動画を紹介していただき、子どもたちが爆笑している様子を見て心が動きました。

―― 翻訳の際に苦労した点や工夫した点は?

大友さん オノマトペの翻訳はとても苦労しました。また楽しんだ部分でもあります。日本にはオノマトペがたくさんあるので、色んな擬音語で翻訳し全国約2000人の子ども達に実際に読み聞かせを行い、ウケの良いものを選んでいきました。なので子ども達と一緒に翻訳したと言えます。

えがないえほん 読み聞かせの風景

―― 子どもが爆笑する秘密はなんでしょうか

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む