ニュース
» 2017年12月28日 16時15分 公開

素手で銃弾をキャッチ、構えだけで吹っ飛ぶ悪党 『犯人の犯沢さん』の蘭姉ちゃんが強すぎる問題

「空手の達人」設定だけで片付けていいのかこの強さ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 『名探偵コナン』に登場する“黒い人”が主人公のスピンオフギャグ漫画『名探偵コナン 犯人の犯沢さん』(関連記事)。単行本第1巻が12月18日に発売されるなり、不意に登場する毛利蘭が、本編や劇場版のときよりもはるかに強いと話題になっています。なんというかもう、人知を超えている。


20P 『名探偵コナン 犯人の犯沢さん』(かんばまゆこ 原案/青山剛昌 )

 蘭が登場するのは、「FILE.6 悪夢」のエピソード。主人公の犯沢さんが、犯罪都市「米花町」(本編でコナンたちが住む町)にはびこる詐欺にほんろうされ、ぼったくりバーに引っかかったところから問題のシーンは始まります。バーには蘭姉ちゃんの父・小五郎も来店しており、酔いつぶれていたところを30万円もぼったくられそうになっていました。おっちゃん何やってんの。


20P ツノのような髪型が直立しすぎていますし、別世界の蘭姉ちゃんだと思って読むべきでしょうか

 そんなところに迎えに来たのが、我らが蘭姉ちゃん。店主が「お嬢ちゃんが体で稼いでくれるかい?」と凄んだところで、蘭の力が発動します。空手の達人で、本編では驚異的な身体能力により数々のピンチを切り抜けてきた彼女ですが、今回は気合いを込めて構えをとるだけで悪党どもを吹っ飛ばしてしまいました。蘭、それ空手ちゃう、八極拳や……いや、それも違うな。


21P 構えから発した衝撃波で、店員たちを粉砕。見た目はバーチャファイターのようですが、アキラもこんなことできない

 異常な事態にうろたえた店主は、形勢逆転を狙って拳銃を持ち出し、蘭めがけて放ちます。しかし蘭はすました顔で、銃弾を手づかみでキャッチ。オニギリのように握りつぶしてしまいます。とどめのひと言「わたしを殺人犯にしないでもらえます?」が無表情も相まってめっちゃ怖い。


22P 無表情なのがまた怖い

 恐怖した店主たちは一目散に逃げ出し、店には毛利親子と、事の成り行きをぼう然と見ていた犯沢さんだけが残されました。そして彼もまた、蘭の力に圧倒されることに。手にしていた包丁を飴細工のように曲げられ、言葉を失うのでした。


23P 「うんざりなんですよ」「はい」……この2コマの間に何があった

 この話は通しで読むと、犯沢さんの家庭の事情なども語られる、彼主体のエピソードなのですが、この4ページだけで蘭姉ちゃんがすべてを持っていった感があります。『名探偵コナン』公式Twitterによれば、『犯人の犯沢さん』第1巻は既に重版が決定するなど売れ行き好調とのこと。今後も蘭に限らず、本編のキャラクターが大暴れすることを想像すると目が離せませんね。




画像提供:『サンデーS増刊』編集部
(C)かんばまゆこ/小学館 (C)青山剛昌/小学館

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」