ニュース
» 2018年01月13日 11時00分 公開

死んだペットの祭壇で夜な夜な鳴くピカチュウおもちゃの怪…… 実物をおもちゃドクターに診てもらったNMR ねとらぼミステリー調査班(2/3 ページ)

[Kikka,ねとらぼ]

 担当してくださったドクターはまず、「錆びたネジに関してはインパクトで穴をあけて抜くのが良いんですよ」と手早く電池交換ネジを外していきます。このとき中に電池は入っていませんでしたが、新しい電池を入れてみても、これといった反応を示さない「てのひらピカチュウ」。

ピカチュウ 心霊 怪現象 おもちゃドクターがインパクトでネジを外していく
ピカチュウ 心霊 怪現象 簡単に外れた
ピカチュウ 心霊 怪現象 電圧をチェックするも
ピカチュウ 心霊 怪現象 どこかが断線している様子

 内部の様子を確認してもらったところ、「スピーカー自体が錆びて壊れているので、心霊現象以前にこれでは鳴かないと思います」とドクター。さらに電池から来ている電圧をチェックしてみると断線している箇所が見つかり、配線交換とはんだ付けの治療が施されました。すると「てのひらピカチュウ」はほっぺを赤く光らせ、「ピカチュウ!」と鳴きだしました。やったぜ、ピカチュウ……!

ピカチュウ 心霊 怪現象 開けてみるとスピーカーがサビサビになっている
ピカチュウ 心霊 怪現象 壊れていた電池ボックスのパーツを交換
ピカチュウ 心霊 怪現象 微調整
ピカチュウ 心霊 怪現象 ICは無事だった
ピカチュウ 心霊 怪現象 さまざまなパーツを交換
ピカチュウ 心霊 怪現象 これが壊れていたスピーカー
ピカチュウ 心霊 怪現象 元に戻していく
ピカチュウ 心霊 怪現象 無事に“かいふく”
ピカチュウ 心霊 怪現象 これが交換されたパーツ

1カ月間ピカチュウと一緒に生活

 ピカチュウが“集中治療”を受ける中、「電池が入っていない状態で鳴きだすことは考えられますか?」と尋ねてみるとドクターは「あり得ないでしょう」ときっぱり否定。このような現象の原因として「電池を抜いたと勘違いして入れっぱなしになっている」ことが考えられるとしました。

 なお、“深夜だけに発生する”という謎については、気温や湿度といった些細な条件の変化により、特定の時間帯にだけ不具合が発生するという可能性も考えられるとのことでした。

ピカチュウ 心霊 怪現象 手のひらに乗せると
ピカチュウ 心霊 怪現象 ピカチュウと鳴きながら
ピカチュウ 心霊 怪現象 ほっぺを光らせる

 その後筆者は電池を抜いた状態で約2週間にわたってピカチュウと寝食を共に。だぐらちゅさんが目撃した「深夜にひとりでに鳴くピカチュウ」という現象を再現するべく、一緒にスーパーに出かけてみたり、深夜に出歩いてみたりしました。しかしピカチュウは一向に鳴かず。

ピカチュウ 心霊 怪現象 筆者「ピカチュウ、今晩何食べたい?」ピカチュウ「……」
ピカチュウ 心霊 怪現象 筆者「ねぇ、ピカチュウって夜行性なの?」ピカチュウ「……」

 そこで今度は電池を入れた状態で約2週間生活を共にしてみました。するとある夜、手のひらからピカチュウを机に下ろした瞬間に「ピカピカチュウ……ピカピカピカチュウ」とひとりでに鳴きました。こ、これは……!

 てのひらピカチュウを作動させるためには、裏面のセンサー2つに手で触れなければならないのですが、このときは机が相手であり通常は動作しないという状況でした。さらに、通常は一度しか鳴かないはずのピカチュウが連続して鳴いたのもこのときが初めてでした。

異常動作の再現イメージ(編集部で再現したものであり、実際の異常な現象ではありません)

 その後しばらく同じ動作を繰り返してみましたが、異常が発生したのはその1度きりでした。しかし気になるのはなぜそうした動作が発生したのか。筆者は日本おもちゃ病院協会の三浦康夫会長にあらためてコンタクトし、ピカチュウを診ていただくことにしました。

ピカチュウ 心霊 怪現象 ピカチュウを診てくださった三浦会長

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  2. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  3. /nl/articles/1904/10/news098.jpg 賀来賢人、“フライデー被害風”写真が超リアル! 「本当にそろそろやめてね」と写真週刊誌への本音も
  4. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  5. /nl/articles/2110/27/news109.jpg 「納言」 薄幸、テレ朝で警備員からまさかのシャットアウト “牢獄みたいな薄暗い部屋”へ閉じ込められる事態に
  6. /nl/articles/2110/27/news025.jpg 猫よけをびっちり置いた結果……子猫が!? ちんまりくつろぐ姿に「仲間がいた」「何やっても人間の負け」と爆笑
  7. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. /nl/articles/2101/23/news043.jpg 水川あさみ、5キロ増の“愛しきぜい肉”ショットが女優の勲章 「リアルお母さん体型」「気取らないとこが素敵」と反響
  9. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  10. /nl/articles/2110/26/news181.jpg 「学校へ行こう!」出演のパークマンサー、V6へ感謝のメッセージ 「ホントにホントにありがと言っちゃうアホだよ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙