ニュース
» 2018年01月01日 13時50分 公開

スペースワールド、ド派手なジェットコースター花火で華麗なフィナーレ 最後の最後に「これぞスぺワ」を見せつける (1/2)

またいつか、あの星で……!

[Kikka,ねとらぼ]

 福岡県北九州市のテーマパーク、スペースワールドが12月31日をもって閉園しました。27年の歴史に幕を閉じる最後の大花火、「シャトル花火イリュージョン」に称賛の声が相次いでいます。

 スペースワールドのシンボル、スペースシャトルを背景に音楽、レーザー、ライティング、投影画像、花火が会場を彩る「シャトル花火イリュージョン」は、タイトルを変遷させながら1996年から2007年にかけて上演されていた人気のショー。

 閉園決定後、クラウドファンディングサイトで「さいごだよっ!スペースワールド名物ショー“花火イリュージョン”を復活させたい!」というプロジェクトが行われ、864人から約920万円の支援を受けて開催にこぎつけました。

 華やかな音楽をバックに、シャトルの前に位置するジェットコースターが黄金の花火を吹き上げながら滑走するなか、これでもかというぐらいの花火を打ち上げまくった演出に来場客は大興奮。「流石としか言いようがない。頭おかしい。(褒め言葉)」「ヴィーナスが花火運んでる……尊い…」「スペースシャトル花火イリュージョン本当に最高だったし、最高にクレイジーでした!」「スペワのセンス爆発してて目ん玉から水吹き出した」と大好評でした。


スぺワ スペースワールド シャトル グランドフィナーレスぺワ スペースワールド シャトル グランドフィナーレ 花火を搭載したジェットコースターという斜め上の演出

スぺワ スペースワールド シャトル グランドフィナーレスぺワ スペースワールド シャトル グランドフィナーレ 花火も相まってすごい光景。これぞ、スぺワ……!

 またTwitterユーザーのpiyo(@piyopiyo1984)さんら複数のユーザーがグランドフィナーレの様子を動画付きで投稿したところ、「最後だから行きたかった」「感動しました!」と現地に足を運べなかったファンからも閉園を惜しむリプライが寄せられています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた