ニュース
» 2018年01月02日 17時00分 公開

飛んで来る矢を真っ二つ、弧を描いて後ろの敵だけ打ち倒す……弓矢の達人が神業すぎる

に、人間やめてませんか……?

[大里ミチル,ねとらぼ]

 2015年に話題になった、「飛んでくる矢を素手でつかんで撃ち返す」というスゴい弓技を持つ男性の動画(関連記事)がさらにパワーアップして帰ってきました。複数の矢を的確に同時打ち、飛んで来る矢を矢で跳ね返す……。相変わらず人間離れした達人技がすごいと話題になっています。

 達人技を披露したのは、弓矢の技術を研究しているラース・アンダーソンさん。前回の動画に引き続き、今回は飛んでいる的を撃つ、軽くジャンプしながら射撃、などトリッキーな技の数々に成功しています。“矢の飛行先を空中で変更する”ことはとても簡単だと、動画の説明文でやり方をサラッと解説していますが……とてもマネできません!


弓矢 ぶら下がったまま射撃したり……

弓矢 1本の矢で複数の敵を撃退

弓矢 的を横から真っ二つ

 また、インド2大叙事詩の1つ“マハーバーラタ”の中に出てくる弓術にもチャレンジ。飛んで来るナタの柄に当てて打ち落としたり、2人のターゲットを一度に複数の矢で同時に倒すなど、これまた信じられないようなトリックが披露されています。もちろん、前回話題になった「飛んでくる矢を素手でつかんで撃ち返す」という大技も。しかも、今回はそれを2回連続で成し遂げています。

 基本的にこのようなトリックアーチェリーは軽く引ける弓で行うもの。ラースさん自身も1年前まで弓力35ポンド(約16キロ)の弓でトリックを行っていたものの、激しいトレーニングの結果53ポンドの強い弓に持ち替えることに成功。それでいて以前と同じスピードで今回の動画にチャレンジできたとのこと。52歳という年齢にもかかわらず、ますます技に磨きがかかったラース・アンダーソンさん。次はどんなトリックを披露してくれるのかが楽しみです!


弓矢 手前のターゲットは当てずに、弧を描いて後ろの敵だけ倒すことも

弓矢 このような形で、すさまじいカーブを描いて当ててしまいます

(大里ミチル)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響